本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 上川法務大臣が,インドネシア及びシンガポールに出張しました。

上川法務大臣が,インドネシア及びシンガポールに出張しました。

 上川法務大臣は,平成29年9月7日から9月13日までの間,インドネシア及びシンガポールにおける各国関係機関との意見交換及び視察のため,インドネシア(ジャカルタ)及びシンガポールに出張しました。概要は以下のとおりです。
 
【出張概要】
1 インドネシアでは,ハッタ・アリ最高裁判所長官と会談,法務人権省を訪問したほか,チピナン刑務所の視察,現地日本人弁護士との意見交換を行いました。

最高裁判所長官との会談


ハッタ・アリ最高裁判所長官ら最高裁幹部と会談する上川大臣
 ハッタ・アリ最高裁判所長官との会談では,現在継続中であるJICAプロジェクトの「ビジネス環境改善のための知的財産保護・法的整合性プロジェクト」が質の高い司法を実現するための裁判官の人材育成につながっており,研修等が一層強化されることの期待が示されました。

法務人権省の訪問


法務人権省の幹部から説明を受ける上川大臣
 法務人権省では,現在のJICAプロジェクトに対する感謝が述べられるとともに,国連アジア極東犯罪防止研修所(UNAFEI(ユナフェイ))が実施している矯正分野に関する研修についても高い評価がなされ,今後,同分野も含めた両省の連携が一層進むことの期待が示されました。

チピナン刑務所の視察


チピナン刑務所で歓迎を受ける上川大臣
 チピナン刑務所では,熱烈な歓迎を受けた後,薬物犯罪者の処遇等にかかる説明を受けたり,刑務所内の様子を視察しました。

チピナン刑務所内を視察する上川大臣

現地日本人弁護士との意見交換


意見交換を終えた日本人弁護士らと記念撮影する上川大臣
 現地日本人弁護士との意見交換では,インドネシアで弁護士として活動する中でどのような課題に直面しているか,インドネシアの法律や裁判の実情,法務省がどのような支援ができるかなどについて意見を伺いました。



2 シンガポールでは,シャンムガム法務大臣兼内務大臣と会談,チャンギ空港を視察したほか,アカデミー・オブ・ロー,シンガポール国際仲裁センター及びマックスウェル・チェンバーズの訪問,現地日本人弁護士及び日系企業関係者との意見交換を行いました。

法務大臣兼内務大臣との会談

 シャンムガム法務大臣兼内務大臣との会談では,司法分野におけるトップ同士の対話により,入国管理行政のみならず,司法分野全般にわたる協力関係の強化について意見交換を行いました。
上川大臣とシャンムガム法務大臣兼内務大臣


シャンムガム法務大臣兼内務大臣と会談する上川大臣

チャンギ空港の視察


チャンギ空港において自動化ゲートの説明を受ける上川大臣
 アジアのハブ空港であるチャンギ空港では,自動化ゲートや入国審査ブースを視察するとともに,同空港においても,日本で開催される2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて,テロ対策を始めとする水際対策を強化していきたいとの説明を受けました。

アカデミー・オブ・ロー会長との会談


アカデミー・オブ・ローのメノン会長と会談する上川大臣
 アカデミー・オブ・ローのメノン会長(最高裁長官)との会談では,アジア地域における国際的な紛争解決のハブとしてのシンガポールの役割や今後の協力強化等について意見交換を行いました。

シンガポール国際仲裁センター,マックスウェル・チャンバーズの訪問


シンガポール国際仲裁センター幹部と意見交換する上川大臣
 仲裁機関として国際的にも名高いシンガポール国際仲裁センター及び紛争解決のための総合的な複合施設であるマックスウェル・チャンバーズを訪問し,国際仲裁に携わる専門家,実務家の人材育成を含む基盤整備等に向けた取組について意見交換を行いました。

マックスウェル・チェンバーズにおいて説明を受ける上川大臣

現地日本人弁護士との意見交換

 
意見交換を終えた日本人弁護士らと記念撮影する上川大臣

 現地日本人弁護士との意見交換では,海外に進出している企業がどのような紛争に直面しているか,また,国際仲裁をはじめ,国際司法分野で活躍する上で必要となるスキルの向上をどのように行ってきたかなどについて意見を伺いました。
 

現地日系企業関係者との意見交換

 
意見交換を終えた日系企業関係者らと記念撮影する上川大臣

 現地日系企業関係者との意見交換では,シンガポールで企業活動をする上での法的課題や,どのような方法で法的紛争を解決しているのかなどについて意見を伺いました。
ページトップへ