本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 日インドネシア協力覚書署名式が行われました(10月10日)。

日インドネシア協力覚書署名式が行われました(10月10日)。

 (Click here for English translation)【PDF】

 平成30年10月10日(水),山下法務大臣は,東京で開催した第57回アジア・アフリカ法律諮問委員会の年次総会への参加のため来日したインドネシア共和国のヤソンナ・ハモナガン・ラオリー・インドネシア法務人権大臣と,法務及び人権分野における日本国法務省とインドネシア法務人権省との間の協力覚書(Memorandum of Cooperation, MOC)の署名・交換を行いました。概要は以下のとおりです。
 
 山下大臣は,ヤソンナ大臣の来省を歓迎するとともに,9月28日にインドネシア,スラウェシ島で発生した地震及び津波による被害について,お見舞い申し上げるとともに,一刻も早い復興を祈念しました。
 ヤソンナ大臣は,山下大臣の就任をお祝いするとともに,インドネシアで発生した地震等の被害に対する日本の支援に謝意を表しました。
 
 山下大臣とヤソンナ大臣は,日インドネシア国交樹立60周年の記念すべき節目の年に署名できることについて,大変意義があるとの考えを共有しました。
 また,山下大臣とヤソンナ大臣は,この協力覚書の下,法の支配や民主主義という共通の価値を共有するパートナーとして,それぞれの国の法務分野における協力及び相互支援の増大を目指し,これまでの良好な関係を更に発展させていくことで一致しました。
 これまで,法務省では,技能実習などの個別分野における協力覚書を交換した実績はありますが,法務行政全般に関し,外国の法務省との間での協力覚書を交換するのは,今回が初めてとなります。

 

ヤソンナ大臣(左)と協力覚書を交換する山下大臣(右)

ヤソンナ大臣(右手前)と会談する山下法務大臣(左手前)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ