本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 山下法務大臣が,第57回アジア・アフリカ法律諮問委員会(AALCO)に出席しました(10月9日)。

山下法務大臣が,第57回アジア・アフリカ法律諮問委員会(AALCO)に出席しました(10月9日)。

1 開会セッション

 平成30年10月9日(火),山下法務大臣は,東京プリンスホテルにおいて開催された,第57回アジア・アフリカ法律諮問委員会(Asian-African Legal Consultative Organization,AALCO)の年次総会に出席し,スピーチを行いました。
開会セッションでスピーチを行う山下法務大臣


 年次総会で,山下法務大臣は,閣僚級を含む33か国からの出席者に向けて,法の支配や「司法外交」推進への決意について表明しました。
 また,2020年4月開催予定の,刑事司法分野における国連最大規模の国際会議である京都コングレスについても,幅広い参加を呼び掛けました。
 

2 二国間会談

 第57回AALCO年次総会の開催に際し,山下法務大臣は,開催国の法務大臣として,平成30年10月9日(火)から同月10日(水)にかけて,スリランカ民主社会主義共和国(アトゥコーララ司法・刑務所改革大臣),南アフリカ共和国(マスサ司法・矯正大臣),ネパール連邦民主共和国(ダカル法務・司法・議会担当大臣),モーリシャス共和国(ゴビン法務長官兼司法・人権・機構改革大臣)及びインドネシア共和国(ヤソンナ法務人権大臣)の各閣僚と,法務行政における協力に関する二国間会談を行ったほか,タイ法務研究所キティポン所長からの表敬を受けました。
 
スリランカのアトゥコーララ司法・刑務所改革大臣(右)と握手をする山下法務大臣(左)
 
スリランカのアトゥコーララ司法・刑務所改革大臣(右)と会談する山下法務大臣(左)
 
南アフリカのマスサ司法大臣(左)と握手する山下法務大臣(右)
 
南アフリカのマスサ司法大臣(右)と会談する山下法務大臣(左)
 
ネパールのダカル法務・司法・議会担大臣(左から2番目)と
握手する山下法務大臣(中央)
 
ネパールのダカル法務・司法・議会担大臣(右から2番目)と会談する山下法務大臣(左)
 
モーリシャスのゴビン法務長官兼司法・人権・機構改革大臣(右)と山下法務大臣(左)
 
モーリシャスのゴビン法務長官兼司法・人権・機構改革大臣(右)と
会談する山下法務大臣(左)
 
タイ法務研究所キティポン所長(右)と握手する山下法務大臣(左)
 
タイ法務研究所キティポン所長(右)と会談する山下法務大臣(左)


 インドネシアのヤソンナ法務人権大臣との二国間会談に際し,同国法務人権省と,法務行政全般に関する包括的な協力覚書の署名式を行いました。
 
ヤソンナ法務人権大臣(左)と協力覚書を交換する山下法務大臣(右)
 
ヤソンナ法務人権大臣(右手前)と会談する山下法務大臣(左手前)


 法務省は,「司法外交」をキーワードに,法の支配を国際的に浸透させること等を目的として,法務分野における国内外の施策に総合的・戦略的に取り組んでいるところ,二国間会談等の実施により,司法外交の基盤構築が進みました。

3 山下法務大臣主催レセプション

 平成30年10月9日(火),東京プリンスホテルにおいて山下法務大臣主催レセプションが開催され,ガストーンAALCO事務局長,ソアレス国連法務担当事務次長,モーリシャスのゴビン法務長官兼司法・人権・機構改革大臣及び三上外務省国際法局長ほか,AALCO加盟国代表団長などが参加されました。
 山下法務大臣は冒頭で挨拶し,日本が引き続きアジア・アフリカ地域を重視し,支援をしていくことを表明するとともに,AALCOの国際法分野における更なる貢献を期待する旨述べました。
レセプションにおいて挨拶する山下法務大臣
鏡開きをする参加者

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ