本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 人権擁護委員法務大臣表彰式を開催しました(10月22日)

人権擁護委員法務大臣表彰式を開催しました(10月22日)


式典の様子
 
 10月22日(月),法務省内において,人権擁護委員法務大臣表彰式を開催しました。今年度は200名の人権擁護委員が表彰を受けられましたが,そのうち146名が表彰式に出席されました。山下法務大臣は,被表彰者代表に表彰状を授与した後,挨拶の中で,差別や虐待のない社会を実現するためには人権擁護委員の力が欠かせないことなどを述べ,日頃の御尽力に対する謝意を表すとともに,人権擁護活動への引き続きの協力を要請しました。
 続いて,被表彰者代表からの挨拶,来賓の日本弁護士連合会会長菊地裕太郎様(代理として副会長阪本康文様)及び全国人権擁護委員連合会会長内田博文様から御祝辞を賜りました。
 最後に,出席者全員で記念撮影を行い,表彰式を終了しました。
 

表彰状授与


挨拶を述べる山下貴司法務大臣


被表彰者代表挨拶


日本弁護士連合会会長からの御祝辞(副会長代読)


全国人権擁護委員連合会会長からの御祝辞

1 人権擁護委員とは

 人権擁護委員は,人権擁護委員法に基づいて,人権相談を受けたり,人権啓発活動を行って地域に人権尊重の考えを広めたりするなどの活動をしている民間の方々です。現在,約14,000人が法務大臣から委嘱され,全国の各市町村(東京都においては区を含む。)に配置されて,積極的な人権擁護活動を行っています。

 人権擁護委員制度は,平成30年に創設から70周年を迎えました(詳しくはこちら)。

2 人権擁護委員法務大臣表彰について

 人権擁護委員法第19条に基づき,職務上の功績が顕著であった人権擁護委員に対して毎年表彰を行っています。
ページトップへ