本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 「法務省矯正支援官」委嘱式が開催されました

「法務省矯正支援官」委嘱式が開催されました

ゴルゴ松本さん,ホリさんに「法務省矯正支援官」を委嘱

 法務省において,「法務省矯正支援官」の委嘱式が開催され,平成30年12月14日にゴルゴ松本さん,同月19日にホリさんに対し,法務省矯正局長から委嘱状が交付されました。
 また,委嘱式後,法務大臣への表敬訪問が行われました。
 

左から山下法務大臣,ゴルゴ松本さん,名執矯正局長

左から山下法務大臣,ホリさん,名執矯正局長

「法務省矯正支援官」とは

 法務省では,犯罪や非行をした人の改善更生及び円滑な社会復帰を促進するため,刑事施設や少年院における再犯防止のための施策の推進に取り組んでいるところです。
 犯罪や非行が繰り返されないようにするためには,犯罪や非行をした本人が過ちを悔い改め,自らの問題を解消するなど,その立ち直りに向けた努力をたゆまず行うとともに,国がそのための指導監督を徹底して行うべきことは言うまでもないところですが,同時に,犯罪や非行をした人を社会から排除・孤立させるのではなく,再び受け入れることが自然にできる社会を構築していくことも必要です。
 このような観点から,法務省矯正局において,犯罪や非行をした人の改善更生を応援し,また,犯罪や非行をした人の改善更生や円滑な社会復帰に対する国民の関心を高め,直接・間接的に犯罪防止に協力してもらえる社会的土壌の更なる醸成を目的として,平成27年4月に「法務省矯正支援官」の制度を設けました。
 法務省矯正支援官には,矯正展におけるテープカットや,刑事施設又は少年院を訪問し,講演等を通じて,矯正の活動に対して御協力いただく予定です。
ページトップへ