本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 「国際知財司法シンポジウム2019」を開催しました。

「国際知財司法シンポジウム2019」を開催しました。

 令和元年9月25日(水)から同月27日(金)までの間,法務省,最高裁判所,知的財産高等裁判所,特許庁,日本弁護士連合会及び弁護士知財ネットの共催により,ASEAN加盟10か国,大韓民国,中華人民共和国,インド及びオーストラリアの裁判官・弁護士・警察関係者を招へいし,「国際知財司法シンポジウム2019~アジア太平洋地域における知的財産紛争解決~」を開催しました。
 シンポジウム2日目には,山内由光大臣官房審議官による法務事務次官挨拶代読の後,ASEAN各国の裁判官や警察関係者によるインターネット上の著作権侵害を題材とした模擬裁判,パネルディスカッション等を行い,知的財産法分野における国際連携の強化に向け,各国における法制度や捜査手続等について活発な意見交換が行われました。

法務事務次官挨拶を代読する山内由光大臣官房審議官

シンポジウムの様子

【官房国際課】

ページトップへ