本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 更生保護制度施行70周年記念全国大会が開催されました(令和元年10月7日(月))。

更生保護制度施行70周年記念全国大会が開催されました(令和元年10月7日(月))。

 令和元年10月7日(月),東京国際フォーラムにおいて,天皇皇后両陛下御臨席の下,更生保護制度施行70周年記念全国大会が開催されました。
 保護司,更生保護女性会員,更生保護法人役職員,BBS会員,協力雇用主等の更生保護関係者や来賓・役員など約5,000人が出席しました。
 壇上には,特別来賓として,安倍晋三内閣総理大臣,大島理森衆議院議長,山東昭子参議院議長,大谷直人最高裁判所長官,菊地裕太郎日本弁護士連合会会長が参列され,また,特別役員として,河井克行法務大臣,小池百合子東京都知事,野沢太三全国保護司連盟理事長,榊原定征日本更生保護協会理事長(全国就労支援事業者機構会長兼務),坂井文雄全国更生保護法人連盟理事長,千葉景子日本更生保護女性連盟会長,戸田信久日本BBS連盟会長,高井新二更生保護事業振興財団理事長が参列しました。
 大会前半の式典においては,全国保護司連盟小林聖仁副理事長による開会の辞,大会長である野沢太三全国保護司連盟理事長による式辞の後に,河井克行法務大臣及び小池百合子東京都知事から主催者あいさつがありました。

天皇皇后両陛下御臨席

河井法務大臣あいさつ
 主催者あいさつに引き続き,各種表彰が行われました。受彰者を代表して,法務大臣表彰は永井章保護司(鳥取県),法務大臣感謝状は南雲イツ子更生保護女性会員(福岡県),全国保護司連盟理事長表彰は〆野久寿喜保護司(大阪府),全国更生保護法人連盟理事長表彰は釧路慈徳会・島本幸一理事長(北海道),瀬戸山賞は宮川憲一氏(東京都)に対しそれぞれ授与され,会場内の受彰者の皆様にもその場で御起立いただきました。表彰の最後には,全受彰者を代表して,北川俊一保護司(高知県)に受彰者代表謝辞を述べていただきました。

法務大臣表彰
 表彰の後,天皇陛下からおことばを賜りました。

天皇陛下おことば
 天皇陛下からのおことばの後,特別来賓から御祝辞を賜り,引き続いて,谷垣禎一全国保護司連盟副理事長による大会宣言がなされました。谷垣副理事長は,令和の時代における新たな更生保護が,これまで以上に国内外のネットワークを広げ,安全で安心な誰一人取り残さない社会の実現に寄与していくことを宣言しました。

大会宣言
 大会後半では,今福章二保護局長がモデレーターを務め,「広がり,つながる更生保護」と題して,研究協議(シンポジウム)を行いました。
 岐阜県土岐地区保護司会会長・出口満知子氏,宮城東華会常務理事・千葉君雄氏,札幌更生保護女性連盟会長・穴田節子氏,広島県更生保護女性連盟会長・幟建末子氏,早稲田大学広域BBS会・尾亦恭輔氏,名古屋南地区BBS会・榊原葵氏,協力雇用主である株式会社S-TEKT代表取締役・清水孝弘氏(東京都),滋賀県知事・三日月大造氏にパネリストとして御登壇いただき,それぞれの特色ある取組や今後の10年間を見据えた更生保護の展望等について発表していただきました。

研究協議
 本大会を契機に,全国から参集された更生保護関係者が,改めて令和の時代に向けたこれからの更生保護を築いていく決意を新たにしました。
ページトップへ