本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成25年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成25年7月23日(火)

 今朝は閣議がありましたが,当省案件は特にありません。

参議院議員選挙に関する質疑について

【記者】
 今回,選挙結果として,自公で参議院の過半数の議席を獲得し,いわゆる「ねじれ国会」の状態が解消されました。この点について大臣の御所感をお聞かせください。
【大臣】
 私が野党総裁であったときも含めて,外国の方などから「日本の政治はどうなるんだろう。」とか,「自民党はどうすれば政権に戻れるのか。」など,いろいろな御質問を受けましたが,そういった海外からのお問い掛けの中でも,「日本の政治というものは安定したものになり得るのか。」,「どうすれば安定した政治が作れるのか。」といった御質問が多かったような気がします。毎年総理大臣が替わったりなど民主党政権自体も相当不安定であったと思いますが,政権運営自体もあまり上手でなかったところがあったと思います。しかし,それは民主党政権だけでなく自民党政権も前回政権にいた末期は,毎年総理大臣が替わらなければならないような状態でした。安定した政治はどうすれば作れるかということは,ずっと日本の政治の一つの重要問題としてあったことではないかと思います。ですから,もちろんねじれだけが安定しない政治の原因の全てだとは思いませんが,その原因の一つであったことは間違いなく,ねじれが解消できて,安定した政治の一つの基礎を作ることができたということは誠にありがたいことです。もちろんどの政治勢力が達成するかということは,お互い競争する政治勢力の中の力量比べがあったと思いますが,自公政権でそれをなし得たということはうれしいことだと思います。ただ,先ほど原因の一つを解消できたと申し上げたわけですが,本当に安定した政治ができていくかどうかはこれから問われると思います。震災からの復興対策,あるいはアベノミクスのこれからの進展,外交関係等々を見ていましても問題は山積しております。全てを一遍に解決するということはそう簡単ではありませんから,やはり優先順位をきちんと付けて,処理できる体制をきちんと作っていく。それができるかどうかがこれからの極めて大事なテーマになっていくのではないかと思います。
【記者】
 今回の参議院選挙は,過去と比べても極めて低い投票率でした。この点,谷垣大臣は選挙戦序盤から低投票率の可能性に言及されて危機感を抱いておられました。今回の結果を見て改めて御所見をお願いします。
【大臣】
 今回は戦後3番目に低い投票率であったようです。自民党に対する期待自体は,2,3年前に比べると明らかに上がってきたと思います。自民党はどういった方向に進んでいくのかという関心も高かったと思います。しかし,自民党の政治姿勢や政策の方向に,全ての有権者が得心しているとは限りません。今回の勝利の結果も,それを保証するものではないと思います。つまり,自民党に批判的な方々がどこに結集すればいいのかという姿が見えなかったんだと思います。そういったことが投票率の低さに結びついているのではないかと思います。
【記者】
 今日の閣議若しくは閣僚懇談会で,安倍総理から今回の参議院選挙に関して,何らかの御発言があれば御紹介いただきたいのですが。
【大臣】
 閣議での発言は話さないことになっています。官房長官が記者会見をされて,統一したことを話されるのではないかと思います。
【記者】
 自公で過半数という票数ですが,他党に目を移すと,最大野党であった民主党が大敗しました。前回の2010年の参議院選挙は,同じ立場であった自民党が勝利しました。同じように最大野党であって,前回は自民党が勝利して,今回は民主党は大敗したことについて,総裁を経験された立場から,どこに違いがあったとお考えでしょうか。
【大臣】
 それぞれ状況に違いがありますから一概に言うのは難しいのですが,今回民主党は,前回我々が参議院選挙を戦ったときに比べると,その前の衆議院選挙の敗北の状況,衆議院選挙の負け方は我々も大敗でしたが,民主党の方が更にダメージが大きかっただろうと思います。立ち直りの道を切り開くことがなかなか容易ではなかったということが原因として一つあると思います。そして,先ほど申し上げたように,民主党が今までは自民党に対抗する勢力の中心であったことは間違いありませんが,これが分裂するような形になってしまって,自民党に必ずしも賛意を表さない方はどこを核としていったらいいのか,そういう姿が見えなかったし,今の民主党は,その核となるのが自分たちであるということを十分に示せなかったのだろうと思います。更に考えると,政権交代可能な二大政党というのが,今の選挙制度の基本的な考え方だったと思います。その考え方自体が間違っているとは私は思いませんが,政権交代可能な二大政党制にするために,小選挙区制度を採って,あまり多党化しないようにした。やや無理に一つにまとめたところがあったんだろうと思います。つまり,自民党のアイデンティティは何かというとこれも難しいですが,民主党のアイデンティティは何なのかというともっと難しいと思います。要するに,自民党に対抗して政権を取ることが彼らのアイデンティティであったことは間違いありませんが,それ以外のアイデンティティは果たして何だったのかという問題があるのだろうと思います。そして,この20年ぐらいで政局が大きく動くときには,必ず小沢一郎先生のお名前がありました。小沢先生の力量は大したものだと思いますが,やはり作っては壊し作っては壊しというやや乱暴な手法がそこに影を落としているように私には思えます。自民党に対抗する政権交代可能な二大政党制というのであれば,自民党の私が言うのは適切ではないかもしれませんが,せっかく育ってきたものを壊してしまった。アイデンティティのなさと乱暴な政治手法というものがあったように私には思えます。そこがやはり違ったのではないでしょうか。私が野党の時代に主として考えたことは,やはり国政を担う政党というものは,地域地域にきちんと根ざすといいますか,地方の組織も持ち,そこにそれなりの水準の活動家と地方議員を持っていないと全国を統治する政党にはなかなかなり得ないのではないかと思ってきました。ですから,私が野党総裁だったときに,政策をどうするかという議論ももちろんしましたが,地方組織を重視し,候補者も含めてそこの活動家というものを選び,育てるということが自民党再生の道ではないかと思ってきました。自民党だけでなく,他の党もそれぞれの地方組織をある程度きちんと持ち,人材を発掘し,それを養成していく。自民党が十分に人材を発掘して,養成できるようになっているのかは,それは決して満点とは思っておりませんが,いろいろな政党と比べるとある程度はできているのではないかなという気がしております。もちろんそういった努力を自民党もこれからもしないといけないと思います。
【記者】
 今後3年間は,国政選挙がないのではないかと言われていて,ある程度の長期政権になるのではという話もあります。先ほど大臣から山積している問題に優先順位を付けていくという話がありましたが,大臣としては,今後どのように尽力されていくのかお聞かせください。
【大臣】
 先ほど申し上げたことに尽きると思います。あれもこれも一遍にできるわけではありませんし,優先順位を付けるということは,同時に実務によって処理していかなくてはならないわけですから,タイムスケジュールをきちんと立ててそれを管理していくことが必要だと思います。

わいせつ事件に係る起訴状への被害者氏名の記載に関する質疑について

【記者】
 先日,東京地検が強制わいせつ事件の起訴状に被害者の氏名を匿名で記載した事例があり,東京地裁がこれについて,実名を記するように求めたことがありました。刑事裁判の実名主義と被害者保護の観点の2つの対立する主張があって,今後,他の地裁でも同じケースが起こることが想定されると思いますが,大臣は,この起訴状の実名を記するべきか,あるいは匿名にすべきかについてはどうお考えでしょうか。
【大臣】
 この件自体は個別の案件ですから,具体的にはお答えしません。我々が司法修習で刑事訴訟法を学んだ頃は,人物等の特定のためには,普通は住所を書き,少なくとも氏名は被害者の名前であっても書くと教わりましたが,その後,人権の配慮等から,いろいろな考え方が出てきたということだろうと思います。こういうことは検察と裁判所もいろいろ議論しながら適切な道を探っていくことになるだろうと思います。

その他の質疑について

【記者】
 世界的に注目されているイギリスのロイヤルベビーが誕生しましたが,御感想をお願いします。
【大臣】
 益々,イギリスの王室が繁栄されることを祈っております。
(以上)
ページトップへ