本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成25年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成25年12月26日(木)

 今朝の閣議は,今年の最後の閣議でございました。今年最後の閣議でございますから,閣議後会見も今年で最後になると思いますが,この一年間,本当に皆様にお世話になったこと,まずお礼申し上げたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。

平成25年の法務行政における成果等について

【記者】
 今年一年の法務行政を振り返って,成果として残せたこと,それから来年,引き続き取り組むべき課題について伺えますでしょうか。
【大臣】
 私は去年の12月26日に就任いたしまして,ちょうど一年たったわけですが,この役所に閣僚として,大臣として参りまして,懸案の法案がたくさんあるのにまず驚いたわけです。しかし,国会もなかなか忙しい国会,タイトな日程でございましたけれども,10本の法律を成立させることができました。その中でもハーグ条約関連の法案,これは私が就任いたしました時も,またそれ以前からも在京の各国の大使館等から早く成立をさせてほしいという御要請を頂いていた,長年の懸案でしたので,この法案を通せたということは非常に良かったなと思っております。それから,私の出身であります京都で,幾つか交通事故等がありました。これは京都だけの話ではありませんが,自動車関連の刑事立法を,被害者の意を受けて成立させることができました。また,最高裁のいろいろな判決がございましたが,民法900条の改正も,党内議論等も多々あった案件でしたが,一応,国会で違憲状態の解消を図ることができました。こういったことが成果だったなと思っております。それから,私が就任しました時に,総理からの特命と申しますか,再犯防止に力を入れてほしいという御下命を頂いたわけです。これはまだ道半ばでございまして,来年にも引き続き努力をしなければならないことですが,幾つかその中でも進んだことがあったと思っております。再犯防止のためには,やはり出所した方々に居場所がなければいけない。職というものが大きいわけです。民間企業では,職親プロジェクトといった,かなり力を入れた取組が行われています。それから,まだ歩み出したばかりですが,法務省の保護局でも少年を雇用するという試みを始めたところです。法案関係では,刑の一部執行猶予という法律ができたわけですが,これも社会内処遇というものにより力を入れて再犯防止への道筋を付けていく上では,極めて大事な法律であったと思います。ただ,まだいろいろな案件が残っておりまして,今,いろいろ議論を続けておりますが,矯正医療等についてはかなり厳しいところにきています。何とか刑務所等の医療というものを立て直さなければいけないという課題を背負っているところです。例を挙げると切りがございませんが,新時代のいろいろな捜査の在り方というのも議論半ばですし,法曹養成制度についてもまだまだ議論を煮詰めていかなければならないことがあります。そういう中で,入国管理の関係ですが,観光立国に関しては,つい先日,1,000万人の日本への旅行者数を達成することができました。これは,かなり前に私どもが政権におりました頃から,ずっと「ビジット・ジャパン」や「ようこそ!ジャパン」というようなことでやっておりました。3月11日の大震災がありまして,若干厳しかった時期もあるわけですが,ようやく1,000万人を達成できたということは,私も短い期間ですが国土交通大臣をやらせていただことがあり,そういう目標が達成できた。そして,法務省としてもその達成のためにそれなりに尽力をしてきたということで感慨があったわけです。入国管理に関しては,今後,オリンピック,パラリンピックが7年後にございますので,更にいろいろな工夫を重ねていかなければならないだろうと思っております。あとは,フランスやルーマニア等に出張いたしまして,向こうのカウンターパートの方たちと,実りのある,いろいろな協議をすることができました。特に,今まで検察官,裁判官との交流というのは多々あったわけですが,今後,矯正関係等についてもいろいろな交流を進めていこうという話をしまして,これは社会内処遇をどうしていくか,再犯防止をどうしていくかという意味でも,各国の経験を学んでいく,意見交換をしてやっていくということは意義のあることではないかなと思っております。それから,引き続き3月11日の東日本大震災をどう乗り越えていくかというのは,我が国の大きな課題ですが,法務行政についても課題がまだあるわけであり,東北も視察をさせていただいたわけですが,そういったことも,これから更に力を入れていかなければならないだろうと思っております。また,必ずしも法務省の所管というわけではありませんが,我が京都では先ほどの交通事故もございましたけれども,水害等もいろいろありました。これは法務大臣というよりも地元議員としてですが,災害等もなかなか厳しい局面があるということも併せて感じまして,そういった取組も必要だなと思っているところです。法務省に関連して言えば,いろいろな施設の視察等もある程度はできました。都内や山口県の美祢,あるいは東北地方も見せていただいたわけですが,一つそういう中で印象深いのは,国立ハンセン病資料館等に行きまして,過去の日本のハンセン病への対応というものを見ることができ,いろいろ学ぶことがございました。今年を振り返るとそういうことでございますが,初めに申し上げましたように,滞貨と申しますか,処理をしなければならない案件がたくさんございます。来年も相当,大車輪で国会で法案を通すために努力をしなければいけないのだろうと思っております。年末年始,少し英気を養って,また来年に臨みたいと思っております。

法務省人事について

【記者】
 一つ確認ですが,今日の閣議で,法務省の検察官の人事の案件が掛かっていたと思いますが,それは決定されたのでしょうか。
【大臣】
 検事長,事務次官といった幹部人事については閣議決定です。あとは内閣承認人事,これも御承認を頂きました。いずれも今日,閣議決定がございましたけれども,実際の発令は来年の1月9日になります。

死刑執行に関する質疑について

【記者】
 法務大臣に就任されて一年ということで一点質問ですが,先日も死刑が執行されまして,大臣になられて一年間で4回,死刑執行を御判断されたわけですけれども,外から見るのとは違って,実際に法務大臣に就かれてみて,死刑執行という部分について何かお感じになられたことがあればお聞かせください。
【大臣】
 日本は法治国家でありますから,今の法の下で裁判所が判断をしたことに対しては,行政府におります私どもはそれを尊重してきちんと守っていくことが大事だろうと,まず法務大臣としては基本的にそう考えているわけです。ただ,死刑執行というのは極刑でありますし,これは申し上げるまでもありませんが,他の刑罰と違いまして,裁判所の判決が確定しても,もう一回,法務大臣が執行を命ずるということが必要であるという規定になっております。やはりそれだけ手続を重んじて,きちんと手順を踏まなければならない,ミスがないように,こういうことだろうと思います。ですから,そういう点にも,私なりに意を用いてきたつもりです。そして,余り多くをじょう舌に語るつもりはありませんが,記録を読むたびに私が強く感じておりますのは,こんなに幸せな子供時代,少年時代を送ってきたのに,こんなに凶悪な犯罪を犯したのかというような者はほとんどいないというか,私が今まで記録を調べてきた限りではそういうことはほとんどありません。つまり,非常にかわいそうな,罪はもちろん憎むべきですが,非常にかわいそうな子供時代の中で成長を遂げて,それがいろいろな認知のゆがみを生んでいるのかもしれません。こういう表現が適切かどうか分かりませんが,恐らくこういう生き方しかできなかった。表現が適切であるとは思っておりませんが,しかし,そういうことを感じさせる面もございます。そうしますと,今まで裁判所で,練達の刑事裁判官や検察官,弁護人によって三審制度の下で判断されてきたことではありますが,最後に執行を命ずる者としては,ここにこういう人間がいたということを理解するといいますか,どれだけ理解できるかということはありますが,罪は憎むべきではありますけれども理解するという姿勢が必要ではないかと,こういう気持ちで今までやってきたということでございます。

その他の質疑について

【記者】
 今日で安倍政権が発足してちょうど一年,自民党が政権に復帰して一年ということになると思いますが,その中で政権に関して言えば,アベノミクスに対する期待というのが高まって,期待を集める一方で,一年の後半の方では,特定秘密保護法案で強引な国会運営だと批判が集まるなど,様々なことがあったと思いますが,閣僚の一人として,政権について今年一年を振り返って,また来年はどのように運営していくべきか,その辺りの御意見を頂ければと思います。
【大臣】
 一年前に,我々はもう一度政権に戻り,与党になったわけです。民主党政権時代にいろいろなことがありまして,私どもに政権が回ってきたのですが,なぜそうだったかということを考えますと,やはりなかなか物事が決まらないのではないかという,世間,世の中の批判が当時の与党に集まっていたということがあると思います。そして,余り他党の批判にわたるようなことを申し上げるつもりはありませんが,中でいろいろな物事の考え方の違いがあって,民主党という相当多数を集めた与党が一つの党としてなかなか機能しない,分裂状態に陥ったということがあったと思います。私どもは,物事は決められなければならない。それから,与党は決めるまではいろいろ議論があっても,最後はやはり一致結束して決めたことに従って物事を処理していく姿勢がなければならない。自民党はみんなが強くそう思って,もう一回与党になったんだと思います。そういう観点から見ますと,いろいろな議論はありましたけれども,決めたらまとまってやってくるというのはかなりあったと思います。また,アベノミクスということをおっしゃいましたけれども,安倍総理は非常によくおやりになったと思います。景気は,「気」という字が付いております。「期待」,「気持ち」,こういうものに働きかけるという意味では,極めて成功したと私は見ています。ただ,これから,これは「三本の矢」はどういうことかということに関連してまいりますが,「物事が動くときは,気持ちが動いていかなければならない。」という点では動き出したけれども,それを裏打ちするものが十分にできているか,機能していくかということはまだまだ工夫しなければならないところが残っているように思います。それから,先ほど特定秘密保護法案ということをおっしゃいましたが,特定秘密保護法案については皆さんのいろいろな御議論がありました。現代国家というのは,情報公開というのが前提であるけれども,国家にはやはり必要な機密というものがあるのではないか,それをどう調和していくかというのはなかなか難しい問題です。制度としては,私は今度の制度は一歩進んだと思っておりますが,今後の運用に意を用いなければならないという問題があるのではないかと思っております。一年たって,これからどういう歩み方をしていくかということは,官邸がどういう判断をされていくかということでして,法務大臣が申し上げることを越えているかもしれませんが,我が役所にしましても,いろいろ処理しなければならない案件がたまっています。そういう中で優先順位をきちんと付けて,まとまってやっていくということが一番大事なのではないかと思います。これは法務省だけでなく,政権の運営としてそういうことが必要な局面だろうと思っております。
(以上)
ページトップへ