本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成26年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成26年7月15日(火)

 今朝の閣議は,法務省案件はございませんでした。

新時代の刑事司法制度特別部会に関する質疑について

【記者】
 今月9日に開かれました法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」で,取調べの録音・録画などを含む部会としての意見が取りまとめられましたが,約3年にわたる審議の経緯や内容について,大臣の受け止めをお願いします。
【大臣】
 7月9日に,法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」で意見の取りまとめが行われたわけです。法制審議会の総会はまだこれからですが,おっしゃったように,この取りまとめは相当時間をかけて,論点もいろいろ多岐にわたりましたけれども,いろいろな意見が委員の間にもありまして,熱心に御議論を行っていただいたわけです。最終的な結論は全会一致という形で取りまとめていただきまして,大変重く受け止めております。委員の方々のこれまでの大変な御尽力に心から感謝を申し上げたいと思います。
 今申し上げましたように,論点も多岐にわたりますし,様々な考え方があったわけですけれども,極めて長期にわたって多様な議論が行われたわけです。要するに,各制度の内容については,いろいろな論点が一体のものとしてこういう形で最終的に全会一致で決めていただいたわけですので,各制度は一体のものとして考えていくということが大事であると思っています。総会で十分に御審議いただいた上で,できる限り速やかに結論を出していただき,速やかに立法化の作業に入りたいと思っています。

その他の質疑について

【記者】
 先日行われた滋賀県知事選で,与党が推薦する候補が敗れるということがありました。集団的自衛権の議論などが影響したのではないかとの見方もありますが,この滋賀県知事選での敗戦についての受け止めをお願いします。
【大臣】
 自民党が推薦しておりました小鑓氏が敗れたというのは大変残念なことだと思っています。こういう知事選というような大事な地方選挙の勝因や敗因については,これはやはりよく分析することが必要だと思います。私自身はまだ十分に分析をしておりませんので,まだ考えがまとまっているわけではありません。ただ,今までのメディア等の論調もいろいろでありますけれども,やはり多くの方が自民党に求めているものとして,謙虚に政治に臨んでほしいというお気持ちがあるのだろうと思います。地方議会で余り程度の高くないやじが出てくるなど,いろいろなことが影響したものと思わないではありません。
【記者】
 大臣は,先週末に白内障の手術で入院され,月曜日から公務に復帰されておりますけれども,術後の目の状況はいかかでしょうか。
【大臣】
 左目だけを手術したものですから,右目と左目で大分見え方が違い,若干不便をしておりますが,白内障の手術をした左目は大変明るく見えるようになりました。やはり年を取ってくると目のレンズが大分曇っていたのかなと思います。「曇らぬ目」で政治も見ていかなければいけないので,努力したいと思います。
(以上)
ページトップへ