本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成26年 記者会見要旨 > 上川法務大臣初登庁後記者会見の概要

上川法務大臣初登庁後記者会見の概要

平成26年10月21日(火)

 この度,松島みどり前法務大臣の後任といたしまして,法務大臣に就任をいたしました上川陽子でございます。皆様,どうぞよろしくお願いいたします。
 歴代の法務大臣は,法秩序の維持,そして国民の権利擁護を通じて,国民生活の安全,安心を守るための法的基盤を整備するといういわば国家の基礎をなす,重大な使命を果たして来られたものと考えており,今回,法務大臣を拝命し,私自身,身の引き締まる思いでいっぱいでございます。
 明治の時代に活躍された大久保利通公の座右の銘に「為政清明」という言葉がございます。政治を志す者は,澄み切った明るい心で臨まなければならないという戒めの言葉でもございます。私もこの度,法務大臣を拝命し,国民の皆様の声によくよく耳を傾け,明るく澄み切った心で法務行政に臨む覚悟でございます。
 振り返ってみますと,私自身,法務の分野で関わりが少しございました。犯罪被害者等基本法の成立については,被害者の皆様の声をしっかりと受け止めながら,法律の制定に力を尽くさせていただきました。また,司法制度改革の分野におきましても,国民に開かれた司法の改革ということで,様々な新しい制度の取組についても,例えば裁判員制度でありますとか,法テラスの分野についても関わったことがございます。法務委員会でも少年法の改正等がございまして,そうした折に,親御さんの皆様の心というものに触れることになりまして,そうしたことをしっかりと受け止めて法律も制定すべきであるという思いになったところでもございます。
 様々な局面において,国民の権利擁護に関するこうした施策の取組については,これからも,先ほど冒頭で申し上げたように,国民の皆様の声にしっかりと耳を傾けながら,真摯に対応してまいりたいと考えております。
 現在,法務省におきましては,再犯防止対策を含め,組織犯罪・テロ対策の促進,あるいは出入国管理行政の充実といった重要な課題を抱えていると聞いております。また,犯罪被害者の支援,人権救済の推進,法曹養成制度改革などにつきましては,迅速で,かつ,的確な対応が迫られているということを伺っているところでございます。
 私としましては,こうした諸課題に対し,法務大臣としての重責をしっかりと果たしていくために頑張ってまいりたいと覚悟をしているところでもございます。
 なお,総理から,特定秘密の保護に関する制度に関する事務を担当するよう指示を受けているところでございます。
 私といたしましては,特定秘密保護法の施行日であります本年12月10日に向けて,今後とも国民の皆様にしっかりと理解していただくことができるよう努力をする,そしてその上で,この施行準備に万全を期してまいりたいと考えております。
 簡単ではございますが,私からの御挨拶に代えさせていただきたいと存じます。どうぞよろしくお願いをいたします。

総理からの指示,抱負及び死刑制度に関する質疑について

【記者】
 大臣に三点ほどお伺いしたいことがございます。
 まず,法務大臣任命に当たり,安倍総理からどのような指示を受けましたでしょうか。
 次に,法務行政を執行していく上で,どのような抱負をお持ちでしょうか。
 最後に,死刑制度の是非に対するお考えと,死刑執行の在り方について御見解を伺えますでしょうか。

【大臣】
 まず第一点の御質問ですが,総理からの指示ということにつきましては,四点の項目がございます。
 まず一点目は,国民に身近で頼りがいのある司法の実現に向けて,司法制度改革を推進するようにということでございます。
 二点目は,差別や虐待のない社会の実現を目指し,個別法によるきめ細かな人権救済を推進するようにという点でございます。
 三点目といたしましては,関係大臣と協力をいたしまして,「世界一安全な国,日本」を作るために,犯罪被害者の支援,刑務所等出所者の再犯防止や社会復帰の支援,組織犯罪対策など,社会を明るくするための施策を総合的に推進をするようにということでございます。
 最後に四点目でございますが,我が国の領土・領海・領空の警戒警備につきましては,関係大臣と密接に連携をし,緊張感を持って情報収集を行うとともに,事態に応じて我が国の法令に基づいて適切に対処するようにという御下命でございます。
 先ほど申し上げたとおり,特定秘密保護に関する制度に関する事務につきましても担当するようにという御指示がございました。
  総理からは,この中でも,特に再犯防止というところに言及をいただきまして,この点につきましては,国民生活の安全,安心に深く関わっている課題ですので,その点につきましては,特に注力をしてまいりたいと考えております。
 先ほど,冒頭御挨拶をいたしましたとおりでございますが,今回は松島みどり前法務大臣の後任ということでございまして,任期途中のバトンタッチということになりました。私自身,政治家としての姿勢というものは,先ほど申し上げた政治を志す者は,澄み切った心で,明るい心で政治に携わると,こうしたことを信条としてきましたので,正に法務行政の推進におきましても,国民の皆様の声に真摯に向き合い,その声に耳を澄ませ,そしてそれに対応していくことに全力で取り組んでいきたいと思っております。今,大変身の引き締まる思いでこの場にも立たせていただいております。
 三点目でございますが,死刑制度についての御質問がございました。死刑制度につきましては,個人的にいろいろなお考えをお持ちの方もいらっしゃると思っておりまして,これまでの法務大臣につきましても,いろいろなお考えを持っていらっしゃりながら取り組まれたと思っております。個人の意見はあるということではございますが,やはり法務大臣たる者につきましては,今の法の仕組み,枠組みを前提として行動するというのが第一義でございます。そういう意味で,この制度につきましても,歴代の法務大臣同様,基本的に現行の法というものを前提といたしまして尊重してこられたということをしっかりと胸に,私自身,これを引き継いでまいりたいと思っております。鏡を磨いていくというような澄んだ心でこの制度に対しましても厳正に向き合うつもりでございます。

量刑に関する質疑について

【記者】
 松島前大臣が強姦致死傷と強盗致死傷の法定刑のバランスについて検討をするようにという指示をして,それが動き出すと思うのですけれども,これについて,現時点でどのようにお考えになっていますでしょうか。

【大臣】
 前大臣が御提起なさったこの問題につきましては,既に法務省の中で正式な検討会を立ち上げて取り組んでいこうということでございます。今月内に一回目の会合が開かれるということですので,そうした問題提起につきましては,私自身,十分に情報を把握しながら取り組んでまいりたいと思っております。

【記者】
 松島前大臣が設置された性犯罪の罰則に関する検討会に関してなのですが,松島前大臣はいわゆる厳罰化について言及されておりましたけれども,大臣御自身は性犯罪の刑についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。

【大臣】
 予断を持たずに真剣に真摯に取り組んでまいりたいと,現段階ではそのような気持ちでございます。

選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)に関する質疑について

【記者】
 選択的夫婦別姓制度についてお伺いいたします。大臣は以前,民法を改正した議員立法などにも参加されていらっしゃると思いますけれども,選択的夫婦別姓制度について大臣のお考えをお伺いしたいということと,5人の女性閣僚が内閣改造で登用されて,名字について話題に上ることが多くなっていると思いますけれども,御自身の経験なども踏まえて,この名字に関することについての考え方なども併せてお伺いできればと存じます。

【大臣】
 私たちの氏名,名前というのは姓と名前ということで,ファミリーネームと,そしてパーソナルネームということで,私自身は「上川陽子」と申します。私の旧姓は「竹田陽子」と申しましたので,結婚すると同時に夫の名前で氏を名乗っているところでございます。
 私の選択的夫婦別姓についての考え方ということでありますが,個人的にはそうした様々な家族の在り方というのがありますので,例えばお一人のお嬢さんの場合には,その方の姓は継続することができない,お墓を守ることができない,こういう声もこうした議論を通して私のところにも寄せられてきたところでございます。このことについては,大変,私たちの氏,あるいは名前,つまり私たち自身そのもののアイデンティティに関わることだということでございますので,そういう意味でも大変大きな制度ということでしっかりと考えてまいりたいと思っております。ただ,民法を所管している法務大臣となりまして,今,国民の意見ということについてもこれから更に自分自身,耳を澄ませてまいりたいというふうに思っておりますが,大きく分かれているというような状況でございますので,民法改正ということを直ちにするということにはならないというふうに考えております。

特定秘密保護法に関する質疑について

【記者】
 特定秘密保護法の運用基準の関係なのですが,閣議決定直前の自民党の総務会でも異議や問題点の指摘が相次ぎました。その点に関して,どのような姿勢で臨まれるつもりでしょうか。

【大臣】
 この点については12月10日に施行されるという,そうしたロードマップが既に進んでいるところでございます。関係政令や運用基準の閣議決定もなされたということでありますが,その運用ということになりますと十分なる準備をしながら,また,先ほど申し上げたように国民の皆様に理解をしていただくべく,更に更にしっかりと取り組んでまいりたいというふうに考えております。

【記者】
 今の関連なのですけれども,その10日の自民党総務会では,例えば違法な秘密指定をした公務員に対して罰則を設けるべきだという意見も出されて,それに対してはそれまでも運用基準の中に盛り込む方向だというふうな答えがあったはずなのに盛り込まれていないではないかという声があったりですね,当日の説明者の中谷元防衛庁長官が盛り込む方向で検討するというようなことをおっしゃっていたというふうに伺っているのですけれども,それについてはどのようにお考えなってますでしょうか。

【大臣】
 自民党の総務会における議論についての言及がございましたけれども,そうしたことも含めまして十分に情報を収集しながら取り組んでまいりたいというふうに考えております。

その他の質疑について

【記者】
 安倍首相は,女性の活躍を掲げて内閣を改造されましたが,そのうちの二人が辞任されました。女性の活躍というテーマそのもの自体への影響について大臣はいかがお考えかということと,そのことを踏まえて,御自身がこの先どういうおつもりで仕事に当たられるのかということについてお聞かせください。

【大臣】
 今回の安倍改造内閣の大きなミッションとして,女性の活躍については,地方の創生と並んで大きなメッセージが内外に投じられたところでございます。2020年までに,管理職など社会の指導的地位に占める女性の割合が30パーセント以上になることを目指そうということで,様々な取組について,いろいろな分野で,企業においても,またこの官庁の組織の中でも取組を始めたところであります。そういう中で,閣僚の女性登用ということで5名の女性閣僚が誕生しましたが,昨日お二人が辞任され,大変残念に思っております。
 ただ,この女性活躍ということについては,これから日本が新たに大きく羽ばたいていく上で,大変重要な役割を担うと思っておりますので,そういう意味で,この旗をしっかりと掲げ続けることができるように,そしてさらに次の世代の皆さんにも,こうしたことに対して誇りと自信を持っていただきながら,それぞれの持ち場で頑張っていただくことができるように,継続した応援をし続けるための努力ということは,一法務大臣ということではございますが,女性議員という立場も含めて,大変大きな責任があると思っております。
 まず隗より始めよということで,この法務省の中におきましても,女性の活躍がどのような形で進んでいるのか,どういう方向で取り組んでいこうとしているのかということについては,仕事と生活を両立させるワークライフバランスのことも含めて早速指示を出しているところでございます。全国津々浦々の様々な現場で活躍していらっしゃる皆さんに対しても,女性の目線や視点ということも大事にしていただくことができるように,しっかりと力を入れてまいりたいと思っております。

【記者】
 先日辞任した小渕前大臣と松島前大臣についてお伺いしたいのですが,両者に関して刑事告発が行われています。松島氏に関しては受理もされて,既に捜査の対象になっているわけですが,今後の捜査の見込みと両者の行為は違法とお考えになられるのかどうか,司法のトップとしてのお考えをお聞かせください。

【大臣】
 御指摘の件につきまして,昨日,東京地検が告発を受理したということでございまして,そうした情報については承知はしているところであります。個別の案件でございますので,法務大臣としての所感を述べることにつきましては差し控えさせていただきたいと存じます。

【記者】
 松島前大臣の話題が出たので確認ですが,上川大臣はうちわを作ったことはありますでしょうか。

【大臣】
 うちわを作ったことはございません。

【記者】
 今ほどお話もありましたけれども,女性2閣僚が辞任される事態になったわけですけれども,うちわの配布,それから観劇代等,政治と金をめぐる疑惑について野党から追及されたことが背景にあったと思います。この政治と金の問題をめぐってお二人がお辞めになるということに至った今回の事態について,大臣はどう受け止めていらっしゃるか。また,この政治と金の問題についてどういう姿勢で今後職務に当たられるかについてお聞かせください。

【大臣】
 先ほど申し上げたとおり,政治に志す者というのは,いつ何どきの事態に対しましても,しっかりと澄んだ心で臨むということでございます。無私の気持ちで臨むということであります。今回,政治と金に関わる問題ということで提起されましたけれども,こうしたことが起こること自体,国民の皆様に対して大変大きな信頼を損ねかねないというような問題だと思っておりますので,こうしたことについて襟を正してしっかりと取り組んでいくということで,お二人の大臣もそのような御主張をしてらっしゃるということだと思っております。そういう意味では,国会議員である,あるいは議員である限り,このことについては厳正にしっかりと対処していくということを,他山の石として,しっかりと緊張感を持って取り組まなければいけないのではないかと思っております。

(以上)
ページトップへ