本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 訓示・挨拶 > 平成26年 訓示・挨拶 > 大臣就任に当たっての上川法務大臣訓示

大臣就任に当たっての上川法務大臣訓示

平成26年10月21日(火)

 この度,法務大臣に就任いたしました上川陽子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 私は,法務省の所管する法務行政にとりまして,法秩序の維持や国民の権利擁護を通じ,国民生活の基盤を守ることこそが最も大切な役割であるというふうに考えております。困難な政策課題が多々あるわけでございますが,こうした時期にあって,法務行政をつかさどる法務大臣に就任するということになりまして,大変身の引き締まる思いでございます。
 思えば,私と法務行政との関わりにつきましては,司法制度改革の議論の頃からでございまして,随分長くなりました。特に印象深い取組の一つは,新たな法曹養成制度の導入や日本司法支援センター,法テラスの創設などに携わることができたことでございます。今般,大臣就任に当たりまして,安倍総理からも,「国民に身近で頼りがいのある司法の実現に向けて,司法制度改革を推進する」よう,御指示を受けたところでございます。司法制度改革につきましては,各制度の更なる成熟に向けまして,努力をしてまいりたいと考えております。
 さらに今一つ,私の法務行政との関わりで忘れられない活動でございますのが,犯罪被害者等基本法の制定に向けて力を注いだことでございます。その過程で,多くの,犯罪に巻き込まれた被害者の皆様や御家族の皆様のお声をお聞きし,国家が国民生活の安心と安全を守ることがどれだけ大切かにつきまして,痛感をいたしたものでございます。そのときの経験が政治家としての私の出発点と言っても過言ではございません。
 安倍総理からは,関係大臣と協力をし,「世界一安全な国,日本」を作るために,犯罪被害者の支援,あるいは刑務所等出所者の再犯防止や社会復帰支援,組織犯罪対策などを推進するよう,仰せつかったところでございます。安倍政権が進める「『世界一安全な日本』創造戦略」は,私自身が長年携わってまいりました犯罪被害者等の支援と同じ,国民生活の安全,安心を守りたい,という信念が根底にある政策だと考えております。
 再犯防止対策についてでございますが,谷垣禎一元大臣が日本各地や海外の施設,あるいは機関を多数視察をされたと伺っております。その折に,多くの識者,また要人と意見交換をされるなど精力的な取組をされたと伺っております。そうした視察を通じて,地域の皆様に理解をしていただき,そして地域の皆様からの支援による再犯防止対策をしっかりとこの国に根付かせていく,育てていこう,こうした御努力を積み上げられたというふうに伺っております。
 また,松島前大臣におかれましても,保護司の皆様,あるいは協力雇用主の皆様方など,再犯防止に取り組まれている方々の活動がいかに尊く,また,犯罪に手を染めた人が立ち直るためにはこうした方たちの限りない応援がいかに必要であるかを広く世の中にも知っていただきたいということで,熱心に強い意欲を持って取り組まれたと聞いているところでございます。
 お二人は,また2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会を念頭に置きまして,6年後ということではございますが,あっという間の6年でございます。しっかりと目標を定めて,入国管理行政の充実にも心を砕いていらっしゃったというふうに伺っております。
 私自身も,こうしたお二人の大臣の志,思いをしっかりと受け継いで,再犯防止対策や入国管理行政の一層の充実といった課題の克服に全力を傾けたいというふうに思っております。
 皆さんの意見に,真摯に,十分に耳を傾けながら,日本の法務行政の一層の充実のために,葉梨康弘副大臣,そして大塚拓大臣政務官としっかりと協力をしながら,精一杯努力をしてまいりたいというふうに思っておりますので,どうぞよろしくお願いを申し上げます。
  以上をもちまして私の訓示とさせていただきます。
(以上)
ページトップへ