本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成27年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成27年5月15日(金)

 今朝の閣議ですが,法務省案件として,主意書に対する答弁書が1件ありました。

平和安全法制に関する質疑について

【記者】
 政府は昨日の臨時閣議で,安全保障関連法案を決定し,総理大臣がそれを受けて法整備の必要性などについて改めて記者会見で説明をされました。
 今回の法案に対する大臣のお考えと,総理大臣の会見に対する受け止めをお聞かせください。

【大臣】
 昨日,平和安全法制について,閣議決定されました。国民の命と平和な暮らしを守ることは政府の最も重要な責務であるということ,その背景として,我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増している中にあって,この法整備が必要であるということ,それによって,特に抑止力を高める効果があるということであります。こうした認識については,私も安倍内閣の一員として,考え方を共有しているところです。今回,閣議決定された平和安全法制については,この後,国会の審議に付すということですが,何よりも国民の皆さんの御理解が大切ですので,国会の審議においても分かりやすく丁寧に説明をする努力が何よりも肝要と考えているところです。
 昨日は,閣議決定された後に総理大臣の会見がありました。私も会見を拝見させていただきましたが,特に戦後70年もの間,私たちは,先の大戦の深い反省の下に,不戦の誓いをひたすら守りながら,平和国家としての道を歩んできたということについて述べられておられました。取り分け,今回,記者会見の中で,総理大臣も発言されていましたが,国際平和活動に対し,延べ5万人に及ぶ自衛隊の皆さんが世界の中の紛争解決のために努力をしてきたことについて言及をしておられました。これからも日本の特色を生かした形で,更なる国際貢献に努力していくため,この平和に係る様々な法整備の重要性について述べられたところです。こうしたことも国会審議の中で丁寧に説明していくことが大切ではないかと考えたところです。               
(以上)
ページトップへ