本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成27年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成27年5月22日(金)

 本日,閣議がございましたが,法務省案件はございませんでした。

法曹養成制度(法曹人口の在り方)に関する質疑について

【記者】
 法曹養成制度改革推進室が,司法試験の合格者数について最低でも年間1,500人以上を確保すべきとする案をまとめ,昨日の法曹養成制度改革顧問会議でおおむね了承されました。この案に対する大臣の受け止めをお聞かせください。

【大臣】
 これまで,法曹人口の在り方について,法曹養成制度改革推進室が法曹人口調査を行い,顧問会議にお諮りするということで作業を進めてきたところです。そして,今般,その調査を踏まえた検討結果を取りまとめ,これが5月21日の顧問会議において提示されました。
 この案につきましては,今後,顧問会議で出された御意見も踏まえ,推進会議においてより一層の検討を進め,一定の結論が出されるものと認識しているところです。
(以上)
ページトップへ