本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成27年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成27年8月25日(火)

 今朝の閣議ですが,法務省案件はありませんでした。

法務省ホームページ「子どもの人権を守ろう」に関する質疑について

【記者】
 昨日,法務省のホームページに「子どもの人権を守ろう」という子ども向けホームページが新設されました。子どものいじめや虐待防止などを漫画やユーチューブなどを通して訴える内容となっていますが,狙いをお聞かせください。
 また,いじめによる子どもの自殺や,大阪府では中学1年生の殺害事件などが起きていますが,子どもを巡る現状について大臣のお考えをお聞かせください。

【大臣】
 御質問の子ども向けホームページは,昨今の子どもをめぐる人権問題が社会的な問題となっていることを踏まえ,来週8月31日から開始する子どもの人権問題に関するインターネット広告に合わせて新設したものです。
 この新設したページでは,子どもの人権問題に関する漫画や動画などをふんだんに採り入れ,中学生などの子どもたちにとっても分かりやすいように作成しているところです。
 子どもの人権問題に関しては,これまで子ども向けの啓発ページがなかったということもありまして,そうした事情をしっかりと踏まえながら,この啓発ページについて,十分に生かしてまいりたいと思っています。
 子どもをめぐる現状についてということですけれども,子どもの自殺,そして殺害事件,こうした痛ましい事件が後を絶たないということであり,子どもの命を守る,子どもの人権を守る取組の重要性について,大変大きなものがあるということを痛感しているところです。
 法務省としましても,いじめを始めとする子どもに対する人権侵害を未然に防ぐために,引き続き,啓蒙・啓発活動,あるいは人権相談の窓口の周知徹底に積極的に取り組んでまいりたいと考えています。

[法務省ホームページ:子どもの人権を守ろう]
(以上)
ページトップへ