本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成27年 > 岩城法務大臣官邸記者会見の概要

岩城法務大臣官邸記者会見の概要

平成27年10月7日(水)

 この度,法務大臣に就任いたしました岩城光英です。どうぞよろしくお願いいたします。
 法務省は,法秩序の維持,そして国民の権利の擁護を通して,国民生活の安全・安心を守るための法的基盤の整備という重大な使命を帯びています。その大臣を拝命し,とても身の引き締まる思いです。
 法務行政の課題ですが,総理からは,一つ目は,国民に身近で頼りがいのある司法の実現に向けて,司法制度改革を推進する。二つ目は,差別や虐待のない社会を目指し,個別法によるきめ細かな人権救済を推進する。三つ目は,関係大臣と協力し,「世界一安全な国日本」を作るため,犯罪被害者の支援,刑務所等出所者の再犯防止や社会復帰支援,組織犯罪対策など,社会を明るくするための施策を総合的に推進する。そして,四つ目が,我が国の領土,領海,領空の警戒警備については,関係大臣と緊密に連携し,緊張感を持って,情報収集を行うとともに,事態に応じて我が国の法令に基づき適切に対処するとの指示を受けています。
 いずれも,国民生活にとって大変重要な課題であると認識しています。上川前大臣の下においても,これらを含む様々な課題にしっかりと取り組んでこられたものと承知しています。私としても,関係大臣等と連携しながら,その責任を果たしてまいりたいと考えています。
 さらに,安倍総理からは,特定秘密の保護に関する制度に関する事務についても担当するよう御指示を頂きましたので,同制度の適切な運用に万全を期してまいりたいと考えています。

成年年齢の引下げに関する質疑について

【記者】
 民法の成年年齢引下げについてどうお考えでしょうか。選挙権年齢と一致させることについてどうお考えでしょうか。

【大臣】
 選挙権年齢が18歳に引き下げられました。そこで民法の成年年齢を引き下げるための具体的な準備を開始する必要があると考えています。

死刑制度に関する質疑について

【記者】
 死刑制度についての大臣のお考えと死刑執行についてどのようにお考えか教えてください。

【大臣】
 死刑は,人の生命を絶つ極めて重大な刑罰です。それだけにその執行に関しましては,慎重な態度で臨む必要があるものと思っています。そして,その上で法治国家においては,確定した裁判の執行が厳正に行われなければならないと思います。裁判所の判断を尊重しつつ,私自身も慎重かつ厳正に対処すべきであると考えています。

少年法の適用対象年齢の引下げに関する質疑について

【記者】
 先ほどの質問に関連しまして,少年法の適用対象年齢についてはいかがお考えでしょうか。

【大臣】
 少年法の適用対象年齢ですが,これは刑事司法全般において,成長過程にある若年層をいかに取り扱うべきかという課題があろうと思いますが,先ほども申し上げましたとおり,選挙権年齢が引き下げられた趣旨等も踏まえながら,今後必要な検討をしてまいりたいと思っています。

難民の受入れに関する質疑について

【記者】
 難民の受入れについてはどのようにお考えでしょうか。

【大臣】
 難民の問題は極めて重要な問題だと思っています。そこでヨーロッパやシリア周辺国などと国際連携を十分にとりながら政府全体として検討していくべき課題だと思います。その中で法務省としても適切な対応を目指していきたいと考えています。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    (以上)
ページトップへ