本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 刑事政策 > 社会を明るくする運動 > “社会を明るくする運動”のはじまりについて

“社会を明るくする運動”のはじまりについて

銀座フェアー

 昭和24年7月1日,更生保護制度の新しいスタートである「犯罪者予防更生法」が施行されました。戦後の荒廃した中にあって,かねてから街にあふれた子供たちの将来を危惧していた東京・銀座の商店街の有志が,この法律の思想に共鳴し,同年7月13日から1週間にわたって,自発的に「犯罪者予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」を開催しました。
 
「銀座フェアー」についての記事
「銀座フェアー」についての記事

 

矯正保護キャンペーン

 この銀座フェアーが刺激となり,また犯罪者予防更生法施行1周年を記念して,その翌年の昭和25年7月1日から10日まで,「矯正保護キャンペーン」が全国的に実施されました。このキャンペーン期間中,前年の銀座フェアーに示された一般市民の熱意と善意を高く評価して,映画会,記念スタンプやリーフレットの配布,街頭宣伝活動などの啓発活動が全国的に実施されました。街にあふれる戦災孤児,犯罪や非行の激増による社会不安の増大,インフレや物資不足により生活に余裕のない人々の,不幸な少年に対する思いやりや愛の心を呼び戻し,殺伐とした世相に明るい光をともしたとも言われています。

“社会を明るくする運動”の誕生

 昭和26年7月,「銀座フェアー」と「矯正保護キャンペーン」を通じて,犯罪の防止と犯罪をした人たちの立ち直りには,一般市民の理解と協力が不可欠であるという認識を深めた法務府(現在の法務省)は,この啓発活動を将来とも継続して一層発展させる必要があるとして,“社会を明るくする運動”と名付け,国民運動として世に広げることにしました。 
 
“社会を明るくする運動”の展開
“社会を明るくする運動”の展開

“社会を明るくする運動”の新たな運動名称

 第60回(平成22年)の運動において,公募と有識者による選考委員会を経て,新名称「“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~」が定められました。運動の趣旨を分かりやすくしたこの新名称のもと,地域に根ざした国民運動として一層の推進を図っています。  
 

シンボルマーク「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」について

 「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」は,長崎地区保護司会が考案したもので,第61回の本運動から「黄色い羽根」を運動のシンボルマークとして全国で活用しているものです。第65回運動から「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」と名付け,より一層の普及を図っているところです。
 黄色い羽根は最近では,“社会を明るくする運動”強調月間中や犯罪対策閣僚会議の際に閣僚の皆様にも着用いただいております。
 
幸福の黄色い羽根を着用する安倍首相
「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」を着用する安倍首相
ページトップへ