本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 大臣官房 > 司法法制部 > 法令外国語訳業務について

法令外国語訳業務について

1 はじめに

 日本法令の外国語訳整備は,司法制度改革の一環として検討が開始され,グローバル化する世界において,我が国の法令を正確に発信することは重要であり,日本法令の外国語訳推進に積極的に取り組む必要がある旨の決定がなされたことから,その基盤整備を行うこととなりました。  
 そして平成17年1月,内閣官房に「法令外国語訳推進のための基盤整備に関する関係省庁連絡会議」等が設置され,平成18年度初めに暫定的なホームページが整備されて,一元的に日本法令の日英対訳の無償提供が開始されました。
 平成21年4月からは,法務省において,現在の日本法令外国語訳専用のホームページ「日本法令外国語訳データベースシステム」(JLT)の運用を開始し,法務省において日本法令の外国語訳推進の業務が本格的にスタートしました。

2 業務説明

 法務省では,上記関係省庁連絡会議で決定される翻訳整備計画の実施状況のフォローアップや法令所管省庁が翻訳を行う際の統一的ルールとなる「法令用語日英対訳辞書」,「法令翻訳の手引き」の作成・改訂を行い,高品質の翻訳の作成・維持及び提供が可能となるよう日々業務を行なっています。

3 翻訳法令が公開されるまで

 資料「法令外国語訳業務の流れ」のとおり,まず,法令所管省庁が翻訳対象となる法令の翻訳原案を作成し,同原案を法務省に提出します。次に法務省において,英語を母国語とするネイティブチェック,英米法の専門家等による検査,日英の法律に精通しているコーディネーターによる確認の後,法令所管省庁と法務省との間で最終調整を行い,上記専用ホームページに公開されます。
 翻訳法令の最終公開までには,多くのプロセスがあり時間を要するため,一定の検査確認を行った後,暫定的に公開し,利用者の利便性を図っています。

4 日本法令外国語訳データベースシステム公開法令数

5 日本法令外国語訳データベースシステムホームページ

6 関連会議


【資料】
 ・「日本法令外国語訳の推進について」【PDF】                 

 ・「日本法令外国語訳データベースシステム利用案内」【PDF】

 ・「法令外国語訳業務の流れ」【PDF】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2015年4月時点のものです。

ページトップへ