本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > その他会議 > 法教育 > 法教育推進協議会 > 法教育推進協議会(第22回)議事概要

法教育推進協議会(第22回)議事概要

1 日 時 平成22年4月20日(火)午後2時1分から午後3時1分

2 場 所 法務省第2会議室

3 出席者
 (委員,敬称略・50音順)
  相原雄三,江口勇治,大村敦志,笠井正俊,坂田吉郎,関一穂,本田能久,村松剛,山本一宏
(事務局)
 (司法法制部)
      中川深雪参事官,布施京子部付
 
4 議題
  (1) 法教育推進協議会新委員の紹介
  (2) 法教育懸賞論文コンクールについて
  (3) 意見交換
 
5 配布資料
  (1)-1 法教育推進協議会開催要領(案)(見え消し)
  (1)-2 法教育推進協議会開催要領(案)(反映)
  (2)   法教育推進協議会委員名簿
  (3)   法教育推進協議会 法教育普及検討部会構成員(案)
  (4)   法教育推進協議会法教育懸賞論文コンクール実施規程(案)
  (5)   平成22年度法教育に関する懸賞論文応募要領等

6 議事
 (1) 法教育推進協議会新委員の紹介
    法教育推進協議会の委員に変更があったため,新しい委員が紹介された。
 (2) 法教育懸賞論文コンクールについて
    事務局から,法教育懸賞論文コンクール実施規程(案)と懸賞論文応募要領等につき説明がなされた。
  (3) 意見交換
        これまでの説明,意見を踏まえて,意見交換が行われた。
    委員からは,
    ○ 論文コンクールの募集時期や募集媒体につき,どのように考えているのか。
    ○ 論文コンクールを実施するに当たり,事前に文部科学省の担当者に一言言っておいたほうがよい。
    ○ 各大学に募集するなら,ポスターのような掲示物を作成して配布したほうがよいのではないか。
    ○ 広く応募を募るということなら,日本司法書士会連合会や日本弁護士連合会も後援に入ってもらったほうがよいのではないか。
    ○ 論文の著作権が法教育推進協議会に属するというのは,入賞論文に限るという理解でよいのか。
    などの質問・意見が出された。
   
                                                                       以 上

ページトップへ