本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > その他会議 > 法教育 > 法教育推進協議会 > 法教育推進協議会(第24回)議事概要

法教育推進協議会(第24回)議事概要

1 日時  平成23年5月13日(金)午前10時00分から午前12時04分まで

2 場所  法務省第一会議室

3 出席者
 (委員,敬称略・50音順)
  相原雄三,磯山恭子,江口勇治,大杉昭英,大村敦志,笠井正俊,神谷説子,
  北岡克哉,本田能久,村松剛,山本一宏
  (説明者,敬称略)
   沖本真由美(司法書士・日本司法書士会連合会法教育推進委員)
  (事務局)
    (司法法制部)
       丸山嘉代官房付,布施京子司法法制部付,鈴木望司法法制部付
 
4 議題
  (1) 法教育推進協議会新委員の紹介
  (2) 各団体における法教育の取組について
  (3) 法教育懸賞論文コンクールの実施について
  (4)  法教育推進協議会において実施すべき事項について
 
5 配布資料
  (1)   法教育推進協議会委員名簿【PDF】
  (2)   日本司法書士会連合会及び司法書士会が取組む法教育授業について【PDF】 
       (1)  【PDF】  (2) 【PDF】   (3)【PDF】
  (3)   法テラスにおける法教育への取組について【PDF】
  (4)   東京都における法教育への取組について【PDF】
  (5)   法教育推進協議会法教育懸賞論文コンクール実施規程【PDF】
 
  参考資料 
      「きまりは何のため?」(婦人之友2011年4月号記事)(掲載省略)
              「「法」に関する教育カリキュラム」(東京都教育委員会)(掲載省略)

6 議事
 (1) 法教育推進協議会新委員の紹介
    法教育推進協議会の委員に変更があったため,新しい委員が紹介された。
 (2) 各団体における法教育の取組について
   ア 山本委員及び沖本真由美司法書士から日本司法書士会連合会及び広島司法書士会における取組について
          説明がなされた。
   イ 北岡委員から日本司法支援センター(法テラス)の取組について説明がなされた。
   ウ 相原委員から東京都の取組について説明がなされた。
 (3) 法教育懸賞論文コンクールの実施について
    昨年度に実施した法教育懸賞論文コンクールの結果を踏まえ,本年度に法教育懸賞論文コンクールを実施する
      場合のテーマ,審査方法,広報活動等について意見交換がなされ,本年度も法教育懸賞論文コンクール(第2回)
      を実施することが確認された。
    テーマについては,昨年度に実施したテーマと連続性を持たせたものとすべきとされ,詳細については,法教育
      普及検討部会において検討することとされた。
 (4) 法教育推進協議会において実施すべき事項について
         平成23年度から順次新学習指導要領が施行されることから,実情調査を行い,事例集の作成等を行ってはど
       うかとの提案がなされた。提案に対する意見を踏まえ,その実現可能性について,今後検討することとされた。
                                                                                                                                                                                                                       以上



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ