本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 所管法令等 > 国会提出法案など > 国会提出主要法案第186回国会(常会)  > 司法試験法の一部を改正する法律案 > 理由

理由

 司法試験の試験科目の適正化及び法科大学院における教育と司法試験との有機的連携を図るため、短答式による筆記試験の試験科目を憲法、民法及び刑法とするほか、受験期間内に受けることができる司法試験の回数についての制限を廃止する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。
ページトップへ