本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 省議・審議会等 > 委員会 > 日本司法支援センター評価委員会 > 日本司法支援センター評価委員会 第18回会議(平成21年12月2日開催)

日本司法支援センター評価委員会 第18回会議(平成21年12月2日開催)

議題

日本司法支援センターの中期目標期間終了時における見直しについて

議事概要

(1)「第2の2 基本的な方向性」において,「支援センターに対しては,国民のニーズに応じた機動的かつ柔軟な業務運営を行う姿勢が求められている」旨ないしはその趣旨を踏まえた記載を盛り込むべきである。
(2)「第3の2(1)イ コールセンターの設置場所等」の記載については,あくまで,必要な資質を備えたオペレーターの確保ができるか否かといったサービスの質の確保の観点と,経済性の観点の双方を考慮した上で,コールセンターの地方移転の適否を検討すべきとの文脈で理解すべきであり,コールセンターの地方移転が所与の前提とされているわけではないとの理解の上で,了承する。

以上の意見を付するほか,貴見のとおりで差し支えないとの意見がなされた。

議事録等

・議事録
日本司法支援センター評価委員会第18回会議(平成21年12月2日)(TXT版 PDF版

・配布資料

資料 日本司法支援センターの第1期中期目標期間終了時における組織及び業務全般にわたる見直し(案)【PDF】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ