本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務史料展示室・メッセージギャラリーへようこそ > 赤れんが棟

赤れんが棟

赤れんが棟物語

 明治政府は,諸外国との条約改正に先立ち,近代国家としての体制を整えるため,明治19年(1886年)に西洋式の建築による官庁集中計画に着手しました。そして,その計画案の策定のためにドイツの高名な建築家で,共同の建築事務所を開いていたエンデとベックマンを招へいしました。
 まず,ベックマンが来日し,大規模な官庁集中計画案を作成しましたが,その帰国後,完成案を持ってエンデが来日しました。エンデは,当時の政治状況や反対者の意見を考慮して,ベックマン案を縮小し,日比谷に諸官庁を建てる案を作成しました。
 実際に建てられたのは,司法省と大審院(後の最高裁判所)の建物でした。司法省の庁舎(赤れんが棟)は,明治21年に着工され,同28年に竣工しました。赤れんが棟は,関東大震災ではほとんど被害を受けませんでしたが,昭和20年の戦災によりれんが壁とれんが床を残して消失しました。戦後,同25年までに改修され,その後,法務省の本館として使用されてきました。そして,平成3年に復原改修工事が始められ,平成6年に創建当時の姿に復原されました。
 なお,赤れんが棟の外観は,平成6年12月に国の重要文化財に指定されています。

  • 旧司法大臣官舎大食堂

  • エンデ&ベックマン第一次計画案透視図

※ Copyright © 2008 Ministry of Justice All Rights Reserved.

ページトップへ