本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務史料展示室・メッセージギャラリーへようこそ > メッセージギャラリー

メッセージギャラリー

 国民の皆様に司法制度,法務行政への理解を深めていただくため,重要な広報テーマについての展示を行っています。現在は,裁判員制度,陪審制度について,パネル等を展示しています。

裁判員制度


日本の裁判員法廷(模型)
 裁判員制度とは国民のみなさんが裁判に参加する制度です。
裁判員は20歳以上の国民からくじなどで選ばれ,裁判官と一緒に有罪・無罪や「懲役○年」といった刑の内容を決めることになります。
 特別な法律の知識はなくとも大丈夫です。法律の専門家でない人たちの感覚が裁判の内容に反映され,その結果国民のみなさんの司法に対する理解と信頼が深まることが期待されています。
ここでは,平成21年5月にスタートした裁判員制度について紹介します。

陪審制度


昭和22年まで使用されていた裁判官の法服
 あまり知られていませんが,戦前,日本にも陪審制度が存在しました。陪審制度とは,裁判員制度とは異なり,陪審員だけで有罪・無罪を決め,陪審員が有罪と判断した場合に,裁判官が「懲役○年」といった刑の内容を決めるものでした。陪審制度は昭和3年に始まりましたが,昭和18年「陪臣法の停止に関する法律」によって停止されました。
 この陪審制度について紹介しています。

※ Copyright © 2008 Ministry of Justice All Rights Reserved.

ページトップへ