検索

検索

×閉じる

スリランカ


スリランカ民主社会主義共和国

活動・成果紹介

 スリランカでは,2009年の内戦終結後,健全な社会制度の再建が課題となっています。
 
 この健全な社会制度の再建の一つとして,社会正義を実現する裁判所の機能改善があります。裁判所の健全化は,内戦に乗じてなされた様々な犯罪行為を適正に処理する上で非常に重要なことです。

 現在,スリランカの裁判所では,様々な原因により訴訟が遅延し,大量の事件が処理されないまま溜まっている状態で,重大犯罪者が適切に処罰されないなどの問題が生じています。

 そこで,国際協力部(ICD)では,2019年から独立行政法人国際協力機構(JICA)が開始したスリランカに対する支援に協力し,主に刑事司法実務の改善に重点を置いた支援を実施しています。

ICD NEWS掲載記事


Adobe Readerのダウンロードページへ


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。



※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

この記事に関する問い合わせ先

〒196-8570
東京都昭島市もくせいの杜2-1-18国際法務総合センター
法務省法務総合研究所国際協力部
TEL 042-500-5150
FAX 042-500-5195
E-mail icdmoj@i.moj.go.jp