トップページ  >  試験・資格・採用  >  その他の採用情報  >  その他採用情報  >  その他の職員  >  法務省室長級ポスト(保護局総務課精神保健観察企画官)の公募について

法務省室長級ポスト(保護局総務課精神保健観察企画官)の公募について

令和2年10月12日
法務省大臣官房人事課
 優秀で高い能力を有する職員を出身府省の壁を越え,適材適所での登用を図るため,法務省の室長級ポスト(保護局総務課精神保健観察企画官)について,
各府省職員からの公募による候補者の選定を行うものとする。
 
1 公募するポスト
  法務省保護局総務課精神保健観察企画官 1名
 
2 職務内容・求められる能力
(1)職務内容
  心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律(平成15年法律第110号)の規定による精神保健観察その他の同法の対象者に対する
 地域社会における処遇並びに生活環境の調査及び調整に関する事項に係るものの企画及び調整に関する事務。
(2)求められる能力
  ア 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の社会復帰の促進に関する施策の企画・立案,総合調整及び施策の推進能力
  イ 関係府省及び関係機関等との円滑な連携を図るための調整能力
  ウ 業務運営・組織統率に必要なリーダーシップ
  エ 精神保健福祉,医療観察制度に関する一定の理解があることが望ましい。
 
3 任期等
  原則として2年間とする(任期終了後は出身府省に復帰するものとする。)。
 
4 応募資格
  各府省の職員
  ・ 室長・企画官級の職員に加え,課長補佐級の職員の応募も可能とする。
  ・ 職種・年齢は問わない。
  
5 応募及び選考の手順
(1)応募者は,所属の人事担当部署を通じて,令和2年11月2日(月)までに法務省大臣官房人事課任用第一係宛て応募するものとする。
(2)応募の際には,略歴(写真貼付)及び応募理由(様式自由)を提出すること。
(3)小論文(テーマ:心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の社会復帰を促進するに当たっての課題とその解決方策について。様式自由)を提出すること。
(4)法務省において以下のとおり選考の上,候補者を決定する。
  ・一次選考:書類選考
  ・二次選考:面接
   ※書類選考の結果,二次選考を行うこととなった者のみに,人事担当部署を通じて二次選考の日時・場所等を連絡する。
 

                                                                  【本件問合せ先】
                                                                   法務省大臣官房人事課任用第一係
                                                                   電話 03-3580-4111
                                                                                 (内線2115)