トップページ  >  相談窓口  >  法務省職員以外の方に対するセクシュアル・ハラスメント事案についての通報等窓口の設置について

法務省職員以外の方に対するセクシュアル・ハラスメント事案についての通報等窓口の設置について

平成30年7月

 法務省では,「しない,させない,許さない」のスローガンのもと,セクシュアル・ハラスメントの防止に向け,様々な取組を推進しているところです。
 この「セクシュアル・ハラスメント」には,法務省職員が法務省職員に対して行う性的な言動だけでなく,法務省職員以外の方に対して行う性的な言動も含まれます。
 そこで,今般,以下のとおり,法務省職員による法務省職員以外の方に対するセクシュアル・ハラスメント事案についての通報や相談を受け付ける窓口を設置しましたので,お知らせします。
 なお,法務省の担当者は,いただいた通報等への対応に当たりましては,関係者のプライバシーや名誉その他人権の尊重に十分配慮し,知り得た情報を他に漏らすことはいたしません。

法務省セクシュアル・ハラスメント通報窓口

     法務省大臣官房人事課内 セクシュアル・ハラスメント通報・相談窓口
        〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
       専用メールアドレス sekuhara-tuuhou●i.moj.go.jp 
                ※送信の際は「●」記号を「@」記号(半角)に置き換えてください
        専用ファックス 03-3591-6631
        法務省代表番号 03-3580-4111
         ※セクシュアル・ハラスメントの通報・相談窓口に御用があるとお伝 えください。
         ※電話による相談の受付は平日の午前9時30分から午後5時00分 まで
                               (午後0時から午後1時までの間は除く)