本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス) > 京都コングレス・ユースフォーラムについて(平成31年4月19日)

京都コングレス・ユースフォーラムについて(平成31年4月19日)

平成31年4月19日

京都コングレス・ユースフォーラムとは


ドーハコングレス・ユースフォーラムの様子
 ユースフォーラムは,世界の若者たちが,コングレスの議題に関連したテーマについて議論を行うものです。2015年の前回コングレス(ドーハ)で初めて開催されたのに引き続き,京都コングレスにおいても開催を決定しました。  様々な価値観やバックグラウンドを持つ世界の若者とともに自分達が暮らす社会の在り方について議論し,犯罪防止や刑事司法について理解を深めていただければと考えています。
 ユースフォーラムに参加すると…
・日本にいながら,英語で,世界の若者達とディスカッションする経験ができる
・3日間の熱い議論を通じて,将来につながるかけがえのない仲間ができる
・国連会議の会場で本番さながらの議論ができる
・世界で活躍する国連職員や専門家の話が聞ける
・事前の施設見学で,検察庁や刑務所,保護観察所が見学できる

日程等

日程:2020年4月13日(月),14日(火),15日(水)

会場:国立京都国際会館 Room A

参加人数:日本人・外国人合わせて120名程度

使用言語:英語

  • 国立京都国際会館

  • Room A

テーマ

全体テーマ

安全・安心な社会の実現へ ~SDGsの達成に向けた私たちの取組~

個別テーマ

議題1 青少年犯罪の予防・罪を犯した青少年の社会復帰における若者の役割
議題2 法遵守の文化を醸成するための若者の教育
議題3 安全なネット社会に向けた若者の責任

事前勉強会・施設見学

 京都コングレス・ユースフォーラムのテーマに関する理解・関心を深めてもらうため,2019年9月8日(日)にユースフォーラムに関連した公開シンポジウムを開催するほか,事前勉強会を開催します(京都において2回(2019年12月及び2020年3月頃)の開催を予定。)。
 また,刑事司法等について理解を深めてもらうため,京都にある法務省関係機関(検察庁・刑務所・保護観察所・法務局(人権擁護部門))の説明等の機会を設ける予定です。

問合せ先

 京都コングレス・ユースフォーラムへの参加に御関心のある方は,下記までお問合せ願います。 
 
 法務省大臣官房国際課 京都コングレス開催準備室  
 E-mail:kyotocongress@i.moj.go.jp
 Tel:03-3592-7422,03-3592-7423
ページトップへ