トップページ  >  政策・審議会等  >  第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)  >  国連総会第三委員会のサイドイベントで,京都コングレスについて説明しました(令和元年10月3日)。

国連総会第三委員会のサイドイベントで,京都コングレスについて説明しました(令和元年10月3日)。


山内大臣官房審議官による基調講演の様子
 令和元年10月3日,ニューヨークの国連本部において開催された第74回国連総会第三委員会において,国連薬物・犯罪事務所(UNODC)と我が国国連代表部の共催により,「第14回国連犯罪防止刑事司法会議に向けた準備状況の報告」と題した京都コングレスのサイドイベントを実施しました。
 
 国連総会第三委員会とは,国連総会の6つの主要委員会のうちの1つであり,主に社会開発や人権問題について取り扱う委員会です。
 
 法務省からは,山内大臣官房審議官が基調講演を行い,本年9月に京都で行われた政治宣言に関する専門家会合の結果や今後の政治宣言の交渉プロセスなどにつき各国代表団に説明するとともに,京都コングレスへの積極的な参加を呼び掛けました。