<10月7日(水)>第19回ASEAN高級法務実務者会合(ASLOM)で辻法務事務次官のビデオレターが上映されました。

 10月6日(火),7日(水)の2日間にわたり,第19回ASEAN高級法務実務者会合(ASLOM:ASEAN Senior Law Officials Meeting)がオンラインで開催されました。
 
 辻法務事務次官のビデオレターが2日目に上映され,日・ASLOM協議の開催の実現に向けたメッセージを届けました。


【ビデオレターのメッセージ】

 Excellencies, distinguished representatives of ASLOM, ladies and gentlemen,

 My name is TSUJI Hiroyuki, the Vice Minister of Justice of Japan.
 
 I wish to commend the ASEAN Member States and the Secretariat for holding the ASLOM despite the ongoing global pandemic.
 
 It is regrettable that the Japan-ASLOM Consultation had to be postponed, but I truly hope that the consultation will take place in the near future.

  I am sincerely looking forward to meeting you all and having a fruitful discussion on strengthening Japan-ASEAN cooperation.
 
 Thank you.


(日本語訳)

 皆様
 
 法務事務次官の辻裕教でございます。
 
 ASEAN諸国及びASEAN事務局が,世界的な感染症が続く中,ASLOMを開催されましたことに敬意を表します。
 
 残念ながら日・ASLOM協議は延期になりましたが,我が国として,日・ASLOM協議の開催を引き続き望んでおります。

 近い将来,皆様とお会いできること,そして日ASEANの協力関係強化に向けて充実した議論ができることを心より楽しみにしております。
 
 ありがとうございました。