トップページ  >  相談窓口  >  子供の非行問題などの相談 >  法務少年支援センター仙台「ふるじろ心の相談室」

法務少年支援センター仙台「ふるじろ心の相談室」


法務少年支援センター仙台(仙台少年鑑別所)
 法務少年支援センター仙台「ふるじろ心の相談室」(仙台少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。
 

法務少年支援センター仙台「ふるじろ心の相談室」の支援


法務少年支援センターのシンボルマーク
法務少年支援センター仙台「ふるじろ心の相談室」では,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
  ・能力・性格の調査
  ・問題行動の分析や指導方法の提案
  ・子供や保護者に対する心理相談
  ・事例検討会等への参加
  ・研修・講演
  ・法教育授業等
  ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
  ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
 各種支援の詳しい説明については,下記「法務少年支援センター仙台のトピックス」やパンフレットを御覧ください。
 相談の受付は電話,メールにて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。

法務少年支援センター地域援助パンフレット(一般の方向け) [PDF]
法務少年支援センター地域援助パンフレット(関係機関の方向け) [PDF]

法務少年支援センター仙台のトピックス

◆心理相談

 御家庭,学校での非行をはじめとした問題行動に対して,個人の方をはじめ,
学校関係者等,関係機関の方々からも個別の相談を受け付けています。
 

  (相談例)

 〇子どもが家の金を持ち出して困っています。(保護者から)
 〇学校での人間関係がうまく持てません。(ご本人から)
 〇学校で問題行動があります。どのように理解し,対応したらよいかについて相談に乗ってほしい。(学校から)


  相談までの流れ
      「電話の場合」受付担当者が相談の概要をお伺いします→受付からおおむね1週間以内→受付完了後,初回の御相談を担当する者から連絡します→日程調整→初回面接 「メールの場合」メール本文に必要事項を記載の上,返信ください→受付からおおむね1週間以内→受付完了後,相談室から相談日時関するメールを送信いたします(具体的な相談内容については,メールでは応じていません)→日程調整→初回面接
   





                     面接風景

◆研修・講演

 少年の非行,犯罪の防止に関わる機関,団体の方々を対象として,研修の実施や講演を行っております。

 
 (テーマ例)

○最近の非行少年の特徴
○非行少年と地域の力
○問題行動とその対応
○非行防止につながる取組
○発達障がいのある子供への関わり―法務少年支援センターの視点から―
 

◆法教育

 少年に係る司法手続や処分の種類・内容などについての講義を行っています。
 1人からでも実施は可能であり,対象者の年齢等に合わせて,分かりやすく説明しております。
 

◆施設参観・見学

 一般の方々を対象として,年に一度,施設見学会を実施しているほか,関係機関・団体の方々の参観を随時受け付けております。

*参観には,事前の受付が必要です。
 

◆インターンシップ・実習生の受入れ

●大学生又は大学院生に対し,少年鑑別所の実際の業務に即した実習等を実施することで矯正行政に対する理解を深めてもらうことを目的としてインターンシップを行っています。

 平成30年度実績 3名
 


●近隣大学院からの依頼により,公認心理師受験を目指す大学院生に対して実習を行っています。

 平成30年度実績 東北大学大学院及び東北福祉大学大学院から計22名
 

◆その他のトピックス

★NEW!

 

ミニシンポジウム開催(みちのく・みやぎ矯正展)

 

  令和元年10月27日(日),宮城刑務所において「みちのく・みやぎ矯正展」が開催され,そこでは,当所主催でミニシンポジウムを行い,63名の方に来場していただきました。テーマは,「七転び八起き~いじめ,非行,引きこもり・・・ピンチからの脱出!~」で,せんだい若者サポートステーション,少年サポートセンターせんだい,法務少年支援センターからそれぞれ,子ども・若者が陥りやすいピンチについて説明があった後,子ども・若者に対する効果的な支援についてディスカッションが行われました。進行・コーディネーターは当所所長が担当し,活発なやり取りが行われ,会場の方からも,矯正施設と教育機関との連携の在り方などについての質問をいただくなど,非常に関心を持って参加していただきました。

  みちのく・みやぎ矯正展ミニシンポジウム「七転び八起き」いじめ・非行・引きこもり・・・ピンチからの脱出!      ディスカッションの様子
             

                                           *ディスカッションの様子*

 

大学での講義の実施


 令和元年10月21日(月),東北福祉大学において,心理学を学んでいる学生に外部講師として講義を行い,司法・矯正領域における心理の仕事等についてお話させていただきました。学生の方には,事前にたくさんの質問をいただくなど,我々の仕事について興味を持っていただき,当日も積極的に講義に参加していただきました。
 当所では,年間を通じて,施設内見学や非行等に関する講演・講義の依頼に応じています。どうぞお気軽にお電話ください。

 
                    講義の様子

                               *講義の様子*


 

東北地方再犯防止シンポジウム開催

 

 令和元年10月15日(火),東北地方再犯防止シンポジウムが開催されました。当日は,埼玉県立精神医療センター副病院長成瀬暢也先生による基調講演「依存症に対する正しい理解と必要とされる支援について」が行われたほか,パネルディスカッションが行われ,そこでは当所所長がコーディネーターを務めました。薬物依存からの回復について,福祉・保健・矯正・そして自助グループと様々な視点から議論が行われました。当日は,500名を超えるたくさんの方々に参加いただきました。ありがとうございました。             

                   パネルディスカッションの様子

                        *パネルディスカッションの様子*

 

★過去のトピック

 

平成30年2月26日 宮城県警察と協定書締結!

 宮城県警察と「少年の立ち直り支援協定」を結びました。これは,少年鑑別所が行う心理検査結果を警察が活用するなどして協働し,非行などの問題を抱える少年の立ち直り支援を一層強化していくものです。こうした活動などを通して,少年の再犯防止対策を推し進め,犯罪や非行のない明るい社会の実現に貢献ができるよう,今後も努力してまいります。

                 

                             協定締結式での記念撮影

 

 

法務少年支援センター仙台「ふるじろ心の相談室」の所在地案内


法務少年支援センター仙台「ふるじろ心の相談室」の地図
〒984-0825 
仙台市若林区古城3丁目27-17 
電話022-286-2311(代表)
   022-286-2322(相談専用) 
メールでの相談受付はこちら

JR仙台駅から東南約5.7km

<地下鉄・バス利用>
・地下鉄東西線 仙台駅
 「荒井行き」3駅目「薬師堂」下車(所要時間6分)
        ↓
・仙台市営バス 薬師堂駅
 「古城三丁目・霞の目(営)行き」又は「沖野・藤田行き」(所要時間11分)
→「古城三丁目」下車,徒歩3分

<タクシー利用>
○JR仙台駅から約20分

○地下鉄河原町駅から約10分

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。