本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 愛知法務少年支援センター(名古屋少年鑑別所)

愛知法務少年支援センター(名古屋少年鑑別所)


愛知法務少年支援センター(名古屋少年鑑別所)
 愛知法務少年支援センター(名古屋少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

愛知法務少年支援センターの支援


地域援助業務シンボルマーク
愛知法務少年支援センターでは,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
 ・能力・性格の調査
 ・問題行動の分析や指導方法の提案
 ・子供や保護者に対する心理相談
 ・事例検討会等への参加
 ・研修・講演
 ・法教育授業等
 ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
 ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
各種支援の詳しい説明については,下記パンフレットを御覧ください。
相談の受付は電話,メールにて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。

愛知法務少年支援センターのトピックス


※ 施設参観
 当センターでは,非行や青少年問題にかかわる機関の方々の参観を随時受け付けております。
 これまで,児童福祉関係機関,市・区役所,学校関係者(生徒指導,PTAなど),大学,国際交流など,さまざまな機関の方が参観され,少年鑑別所の役割が具体的に分かった,入所している少年の生活の様子がよく分かったといった感想をいただいています。








※ 講演活動
 少年司法の流れ,子どもの問題行動の理解,非行少年の心理,発達障害と非行などのテーマで,関係機関や大学などから講演の御依頼を受け付けています。施設参観と合わせて行うことも可能です。
 また,当センターから講師を派遣することもできます。
 講演のテーマについては,参加者に合わせて御相談させていただきます。おおむね2か月前までに,当センター宛てに御依頼ください。





※ 法教育
 児童,生徒,教員,保護者などを対象に,職員を派遣し,法教育の授業を行っています。「社会のルールはなぜ必要なのか」,「未成年が法律を破るとどのようなことになるのか」といったことについて,対象者の方の年齢や経験に合わせて,少年鑑別所の職員が分かりやすく説明します。
 対象となる方の事情に合わせ,少年鑑別所の職員を派遣したり,当センターに来ていただいたりすることもできますので,御相談ください。




※ 心理相談/各種検査の実施
 青少年の非行や犯罪に関して,御本人,保護者,学校関係者,支援者の方などからの個別の御相談に応じています。御本人の状況に合わせて,知能検査や性格検査,職業適性検査,箱庭療法などを実施することもできます。
 御相談の例
・子どもが万引きをしたり家のお金を持ち出したりしていて,親が注意しても聞かない。
・素行の悪い友だちと付き合いができたようで,夜遊びが続いている。
・友達との関係に悩んでいて,学校に行けなくなり,気持ちが落ち着かない。
・生徒が,学校内でいじめや暴力行為を繰り返しているので,学校としての対応の仕方を検討したい。
 まずは,電話又はメールで,相談日を御予約下さい。



愛知法務少年支援センター(名古屋少年鑑別所)の所在地案内


愛知法務少年支援センター(名古屋少年鑑別所)の地図
〒464-8585 
名古屋市千種区北千種1-6-6
専用電話 052-721-8439
メールでの相談受付はこちら

名古屋駅から,市バス「基幹2」の「猪高車庫」又は「光が丘」行きに乗車し,「古出来町」で下車。 
あるいは,名鉄バスセンター3階4番乗り場から引山方面の基幹バスに乗車し,「古出来町」で下車。 
「古出来町」からは,徒歩約5分です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ