本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 > 法務少年支援センター高松

法務少年支援センター高松


法務少年支援センター高松(高松少年鑑別所)
 法務少年支援センター高松(高松少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

法務少年支援センター高松の支援


地域援助業務シンボルマーク
法務少年支援センター高松では,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
 ・能力・性格の調査
 ・問題行動の分析や指導方法の提案
 ・子供や保護者に対する心理相談
 ・事例検討会等への参加
 ・研修・講演
 ・法教育授業等
 ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
 ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
各種支援の詳しい説明については,下記パンフレットを御覧ください。
相談の受付は電話,メールにて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。

法務少年支援センター高松のトピックス

見学会の実施について


施設見学会の様子
 例年,当センターにおきましては,地域住民の皆様を対象とした施設見学会を実施しています。また,関係機関及び近隣の学校教師や生徒の皆様からの依頼による施設見学会も受け付けています。
 施設見学会では,当センターの役割や業務の説明に加え,高松少年鑑別所内の見学,少年の生活等の紹介,心理テストの解説等を行っています。

各種研修,講演,法教育等の実施について


講演会の様子
 学校教職員の方,更生保護・社会福祉機関の方,大学生・大学院生への研修,青少年関係の研究会等における講演,学校の生徒の方々に向けた法教育の授業などを行っています。

~最近の取組について~  
 ・保護司会講演会
 ・事例検討会
 ・福祉施設でのケア会議における助言等

心理相談について

 法務少年支援センター高松では,ご相談の依頼を受けた後,専用の相談室でじっくり話をうかがい,必要に応じて継続して相談に当たっています。
【相談内容】
・非行,犯罪行為
・親子関係,職場や学校でのトラブル
・交友関係の困りごと
・発達検査(個別知能検査)の実施等
・いじめ
・不登校

心理相談室の様子
【事例】
・不良交友が活発となり学校に行かなくなった中2男子のケース
 両親の指導を聞き入れず,生活の乱れが大きくなっている中学2年生の少年(男子)のことで,母親から相談を受けました。担当者は母親から少年がいつ頃から非行に走るようになったかなどを確認した上で指導や対処方法について継続的に助言を行いました。加えて,少年にも来所してもらい,本人の想いに耳を傾けながら,継続的に助言・指導を行いました。相談を重ねていくうち,両親と少年との間で少しずつ会話する機会が増えるとともに,少年が自分の気持ちを両親に話すようになり,やがて不良交友もやめて学校に通うようになりました。

法務少年支援センター高松の所在地等案内

〒760-0071
高松市藤塚町3-7-28

電話番号:087-834-1770
電話番号(相談専用)
        やさしい   ないいじ(かん)
 087-834-7112

受付時間(平日):午前9時から午後0時15分
            午後1時から午後5時まで

メールでの相談受付はこちら(アドレス:shien-takamatsu@cccs.moj.go.jp)

(1)琴電瓦町駅 南東へ徒歩約8分

(2)JR栗林駅 北へ徒歩約3分

(3)JR高松駅 タクシーで約10分
          レインボー循環バス(東回り)で約16分(バス停「藤塚町下車」)

法務少年支援センター高松のパンフレット(PDF版)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ