本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 > 法務少年支援センター高松

法務少年支援センター高松


法務少年支援センター高松(高松少年鑑別所)
 法務少年支援センター高松(高松少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

法務少年支援センター高松の支援


地域援助業務シンボルマーク
法務少年支援センター高松では,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
 ・能力・性格の調査
 ・問題行動の分析や指導方法の提案
 ・子供や保護者に対する心理相談
 ・事例検討会等への参加
 ・研修・講演
 ・法教育授業等
 ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
 ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
各種支援の詳しい説明については,下記パンフレットを御覧ください。
相談の受付は電話,メールにて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。

法務少年支援センター高松のトピックス

 当センターの最近の取組について,ご紹介します。

☆心理相談

 非行や不良行為,家庭や職場,学校でのトラブルなどの相談を受け付けております。
 法務技官や法務教官が相談に乗っています。電話やメール,窓口で受け付け,当センターに来ていただくのが一般的ですが,場合によっては電話での相談を継続したり,担当者が出張して相談に応じたりします。

面接場面(職員によるイメージ)
【相談までのおおまかな流れ(来所する場合)】

・保護者等関係者からの電話相談
        ↓
・保護者や少年自身の日程調整
        ↓
・少年との面接,保護者等からの聞き取り
(最近では,親子併行面接を主に行っています)
        ↓
・相談者の心理的援助,問題解決への助言,
 その他機関の情報提供など
        ↓
・必要に応じて継続相談

相談室(基本的にはここで面接します)
【相談例】
・息子が夜遊びを繰り返しているのだが,どのように指導すれば効果的か(保護者からの相談)。
・学校でいじめられていて学校に行きたくない。親にも相談ができずにいる。どうしたらよいか(少年自身からの相談)。 
・学校で問題行動を繰り返す生徒がいて,注意しても言うことを聞かない。どのように対応するのが適切なのか(学校の先生からの相談)など・・・
 
※少年本人が来所できず,相談者の方(保護者の方,学校の先生等)だけが来所する場合でも相談に応じることができます。

☆研修・講演


施設見学会の様子
 少年鑑別所や法務少年支援センターの機能や業務を詳しく知りたい個人や団体向けに当所での施設見学を行っております。
 また,問題行動のある人やグループに対して,非行や犯罪を起こさないためにはどういった行動をすべきか,具体的な場面を想定して助言するなどの研修も実施しておりますので,気軽にお問合せください。


【講演内容等】
・少年鑑別所の主要業務について
・少年鑑別所法や地域援助業務(少年鑑別所が行う,地域の犯罪・非行防止に関する専門的な援助)について
・最近の少年非行の動向について

法務少年支援センター高松(高松少年鑑別所)の所在地案内


法務少年支援センター高松(高松少年鑑別所)の地図
〒760-0071
高松市藤塚町3-7-28
電話087-834-7112
メールでの相談受付はこちら

(1)JR栗林駅下車 徒歩5分
(2)琴電瓦町駅下車 徒歩10分

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ