本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 矯正局 > 少年院教育作品ギャラリー > 広島少年院

広島少年院

絵画作品 金屏風「あやめ」


金屏風「あやめ」
 広島少年院では,各種の教育活動に,講師として日本国際美術家協会会員の児玉伸子先生を迎え,専門的な指導等の御協力を得ながら,在院者の情操教育にも取り組んでいます。写真は絵画指導の風景で,季節ごとの題材をモチーフにして,それぞれの個性を磨いています。
 下に掲載している写真の絵画指導では,題材を水彩画で描いた後,段ボールに金色で着色したものを画材として,金屏風の作成を行いました。美しい仕上がりに,在院者たちは満足した様子でした。

在院者の感想

「真面目に絵を描くのは少し恥ずかしかったけど,夢中になってしまった。」
「時間をかけて絵を描いていると,なんとなく心が落ち着いた気がした。」

児玉先生から

「身近な野に咲くある草花などについて学習するとともに,その色や形を愛でながら,季節を感じることを大切に,絵を描くように教えています。」

  • 指導風景(1)

  • 指導風景(2)

貼り絵

貼り絵作品「卒業制作」


卒業制作
 広島少年院には,中学生の在院者が在籍しています。中学生は,教員OB等,部外教科指導員の授業を受けながら,中学校教育課程を履修しています。最終学年の3月には卒業式を行い,りりしい姿で門出を迎えます。
 本作品は,その卒業式に合わせて卒業制作として取り組んだ作品で,生い立ちを振り返る内容となっています。

【在院者の保護者の感想】
「初めてこういうところ(卒業式)で真面目にやっている姿を見て,感動して涙が出ました。」
「まだ心配なことは多いけど,一生懸命やっているんだなと思い,安心しました。」

合作貼り絵


合作貼り絵
 広島少年院では貼り絵制作を実施し,院内のコンクールだけでなく,広く公募されるコンクールにも出品することもあり,レベルの高い作品を在院者一人一人が試行錯誤しながら作成しています。  写真は2016年をテーマにして作成した合同貼り絵で,8名の在院者がコツコツと作成したものを貼り合わせ,見事な仕上がりとなりました。

教育活動の紹介

土木・建築科


土木・建築科の作業風景
 写真は,プールサイドのタイル敷きの補修作業を行っている場面です。測量技術を駆使して,精度の高い活動を行っています。完成したプールサイドの様子は写真のとおりで,目に見える形で作業結果が表れたことに,土木・建築科の在院者は手応えを感じていました。
 広島少年院には,土木・建築科のほかに,溶接科,情報処理科,農園芸科,サービス科(縫工班)等があり,それぞれの実習を通して,職業に対する意識を高め,資格取得に向けた取組を行っています。

【在院者の感想】
「専門的な作業ができて楽しかった。」
「先生も勉強しながら指導してくれているのがうれしかった。」
「完成したら,思ったよりきれいにできたのでうれしかった。」

水泳指導


水泳指導
 プールサイドのタイル敷きは土木・建築科の作業のおかげできれいに仕上がっています。夏季期間は連日水泳指導を実施しており,当初は5メートルも泳げない在院者は少なくありませんが,水泳大会にはそれぞれの出場種目で成長した姿を見せてくれます。
 広島少年院では,季節ごとに体育の内容が変わり,水泳のほか,剣道,サッカー,長距離走(駅伝),運動会に向けた体育指導を行っています。

社会貢献活動(車いすの清掃作業)


車いすの清掃作業
 広島少年院の近隣に所在する特別養護老人ホームから,利用者が使用している車椅子を借り受け,在院者が2人1組になって,ピカピカに清掃しているところです。協同して活動することで意思疎通の力を身に付けながら,身近な周囲へ配慮する気持ちを経験し,社会の一員として誰かのために貢献していく尊さを考えさせています。

【在院者の感想】
「利用者の方が喜んでくれていると聞き,やって良かったと思った。」
「思ったよりも頑固な汚れがあって大変だったけどまたやりたい。」
「2人でやる活動なので,いつもより一生懸命にできた。」

社会貢献活動(カルタの制作)


社会貢献活動において制作したカルタ
 平成29年度から,近隣の保育所に対する社会貢献活動を実施しています。保育所の園児や保育士のニーズを在院者自らがグループワークを通して考えた結果,ジャンボカルタを制作し,保育所への寄贈を行いました。

【制作した在院者の声】
「自分たちの作ったカルタで,楽しく遊んでくれたらいいなとワクワクして取り組めた。」,「自分が小さい時,色んな遊びを経験したのを思い出して,大人になって自分に子どもができたら経験させてあげたいなと思った。」

【保育園児の声】
「かわいい絵がたくさんだった。」,「おにいちゃんたちありがとう。」

社会見学


社会見学(平和記念公園)
 出院間近になると,平和記念資料館,平和記念公園への社会見学を行っています。広島で起きた,過去の悲惨な原爆の実状を目の当たりにして,今を生きていく一人の大人としての自覚を促しています。

【在院者の感想】
「きちんと原爆について学んだり,考えたりしたことがなかったので,今回,いろんなことが分かって良かった。」
「人の命をこんなにもあっさり奪ってしまう原爆は怖いと思った。だからこそ身近な人の命や人生を大切にしたいと思った。」
ページトップへ