本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 矯正局 > 少年院教育作品ギャラリー > 岡山少年院

岡山少年院

紙粘土による教育作品

 在院生が,紙粘土を使用して立体工作物に取り組みました。課題テーマは,「動物」。以下の写真は,ほんの一部ですが,どれも生命力あふれる力作ぞろいです。

ハリネズミ


ハリネズミ
 ハリネズミです。ハリの一本一本まで,細かな神経を遣い,丁寧に仕上げました。不用意に触れると危険です。針で刺されるわけではなく,針が折れてしまうから・・・。この作品に対しては,その地道な取組が評価されて賞が贈られました。

ゾウ


ゾウ
 象の親子。きっと,作者は自分の仲良し父子時代を想い,反省の気持ちを抱きながら作成したことでしょう。

ジンベエザメ


ジンベエザメ
 ジンベエザメのひれの部分は,折れやすく,最初は苦心しましたが,しっかりと接着して力強さも加わりました。
仕上がりのフォルムが美しくでき,流線型を上手に表現することができました。着色も,黒目以外は青と白の2色ですが,地道に丁寧に取り組むことができました。

カエル


カエル
 葉っぱの上にカエルが乗り,さらにその背中にはオタマジャクシが乗っているという芸の細かい作品ができました。  この2つの作品は,特に丁寧に取り組んで,上手に仕上げたということで賞が贈られました。

ゴリラ


ゴリラ
 強調しすぎなぐらいに太くて力強い腕と,更に筋肉質な胸部は,ゴリラの印象を強く残すものとなりました。それと対比するかのようにかわいらしいバナナは,皮をむいていつでも食べられる状態であり,芸の細かさがうかがえます。

イヌ


イヌ
 赤い首輪のみならず,赤い帽子をかぶせて,作品にポイントを着けてかわいらしさを表現した上に,ホネをくわえさせて,動きのある作品になりました。

絵画

 以下の絵画は,テーマを「春」として作成したものです。

うぐいす


うぐいす
 絵画の中央部に居座っているのは,うぐいすです。その上を紙飛行機が飛んでおり,全体に春の軽やかな雰囲気が出せました。
 鳥の頭上で,さわやかな春風に乗って,紙飛行機がふわりと浮かんでいる様子がポイントです。

富士山


富士山
 一目で富士山とわかる構図をあえて赤く着色することで,全体を赤系統でまとめ上げ,花の印象が残るよう工夫しました。「ニッポンの春」を強調するため,富士山を手前に描きました。

サクラ


サクラ
 満開のサクラの背面に太くゴツゴツとした幹から,強い生命力が感じられます。

新1年生


新1年生
新1年生が元気よく登校する様子をお巡りさんがほほえましく見守ってくれています。

小高い丘


小高い丘
 桜が舞っている様子を前面に描き,背景に小高い丘を描くことで,春を協調できました。
 どこまでも見通せる一本道。この先には,きっと「夢」や「希望」につながっているのでしょう。
ページトップへ