本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 > 法務少年支援センターいわて(月が丘相談室)

法務少年支援センターいわて(月が丘相談室)


法務少年支援センターいわて(盛岡少年鑑別所)
 法務少年支援センターいわて(盛岡少年鑑別支所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

法務少年支援センターいわての支援


法務少年支援センターのシンボルマーク
 法務少年支援センターいわてでは,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
 ・能力・性格の調査
 ・問題行動の分析や指導方法の提案
 ・子供や保護者に対する心理相談
 ・事例検討会等への参加
 ・研修・講演
 ・法教育授業等
 ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
 ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
各種支援の詳しい説明については,下記パンフレットを御覧ください。
相談の受付は電話にて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。

法務少年支援センター地域援助パンフレット(一般の方向け)[PDF]

法務少年支援センター地域援助パンフレット(関係機関の方向け)[PDF]
 

法務少年支援センターいわてのトピックス

講演,法教育等の実施状況の紹介


講義風景
◆岩手県立大学で講義
 地域援助の一環として,岩手県立大学における講義を継続して実施しています。
 講義は,同大学の社会福祉学部に所属し,社会福祉士や精神保健福祉士等を目指す学生を対象にしたもので,今年の依頼で4回目の実施となります。前段で少年鑑別所の概説,役割等を説明し,後段で矯正の現場で行われている社会復帰調整(いわゆる「出口支援」)や地域生活定着支援センター,保護観察所,民間福祉施設,病院のMSW(メディカルソーシャルワーカー)との連携に関する説明を行うほか,刑事施設や医療少年院等に配属されている福祉専門官,社会福祉士,精神保健福祉士らとともに刑務官や法務教官が協力して行っている実例について紹介し,矯正における福祉支援の重要性について理解を深めてもらっています。

◆法教育とは?
 児童や生徒を対象に,みんなが幸せに暮らせるようにするためのルールが法律であるということや,ルールに基づいてどのようにトラブルを解決したらいいのかということなどを身近な題材を通じて学び,社会で生きていくために必要な考える力や,ものごとの善し悪しを判断する力を育てる出前授業による教育です。
 本年度も,小学校の児童や相談に来られた福祉関係施設の在所者の方等に実施しています。
 

チラシを作成しました

「法務少年支援センターいわて」の活動をPRするためにチラシを作成しました。各種学校,福祉機関等の連絡会や協議会で配布しております。
 

法務少年支援センターいわての所在地案内


法務少年支援センターいわて(盛岡少年鑑別支所)の所在地案内図




住所:〒020-0121
 盛岡市月が丘2-14-1
 電話番号:019-647-2205

(1)盛岡バスセンター又はJR盛岡駅より滝沢営業所行きバス乗車,「西青山停留所」下車,徒歩5分

(2)盛岡インター下車 車で約20分

 

 当センター御訪問の際はこの案内看板を目指しておいでください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ