本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 > さいたま法務少年支援センター(非行防止相談室ひいらぎ)

さいたま法務少年支援センター(非行防止相談室ひいらぎ)


さいたま法務少年支援センター(さいたま少年鑑別所)
 さいたま法務少年支援センター(さいたま少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

さいたま法務少年支援センターの支援


法務少年支援センターのシンボルマーク
 さいたま法務少年支援センターでは,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
 ・能力・性格の調査
 ・問題行動の分析や指導方法の提案
 ・子供や保護者に対する心理相談
 ・事例検討会等への参加
 ・研修・講演
 ・法教育授業等
 ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
 ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
各種支援の詳しい説明については,下記パンフレットを御覧ください。
相談の受付は電話にて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。

法務少年支援センター地域援助パンフレット(一般の方向け)[PDF]

法務少年支援センター地域援助パンフレット(関係機関の方向け)[PDF]
 

さいたま法務少年支援センターのトピックス

◇ 非行防止相談室ひいらぎ

  当相談室では,寒い冬を耐え抜くひいらぎ(柊)のようにたくましく生きる青少年の育成に取り組んでいます。

さいかん君の画像です。
 

 -広報マスコット・キャラクター「さいかん君」-

 「さいたま少年別所(さい鑑)」から生まれた,その名も「さいかん君」。地域社会の一員として,当相談室を一般の方々に少しでも身近に感じてもらいたいとの思いで職員が作成しました。
 
 
 

◆ 施設参観の実施


 関係機関や各種団体を対象とした施設参観を行っています。
 施設内をご案内し,少年鑑別所の業務等についてご説明します。

◆ 研修会,講演会,事例検討会などへの講師派遣


*講演の様子*

 学校などが主催する研修会,講演会などの依頼を受け,法教育のほか,非行・犯罪について説明したり,見立て・指導方法についての意見の提供を行ったりします。
 

  - 過去の講演テーマ(例) -
 ○ 非行防止教室~「正しい心」を育てるために~
 ○ 少年非行の予防と家族の役割
 ○ 暴力行為の防止

 

 

◆ 心理相談の実施

心理相談室の様子 児童・生徒,保護者,学校教諭の方などに対して,心理相談・助言を行います。 

 相談内容は,家からの金銭持ち出し,万引き,夜遊び,家出,不良交友,暴力行為等,非行・犯罪にまつわる問題行動です。
 必要に応じて,知能検査,性格検査,職業適性検査等の各種検査も実施しています。

 原則,来所制となっておりますので,まずはお電話でのご予約をお願いします。



◆ 相談例
○ Aくん(中学1年生)のケース
 中学校入学後に不登校になり,児童相談所の指導を受けていましたが,暴力や家財持ち出しなどの問題行動も見られるようになったことから,Aくん本人と保護者の方それぞれに面接を行い,親子関係の問題を中心に支援しました。

心理相談室の様子○ Bくん(中学2年生)のケース
 両親や学校教諭に反発し,いじめ,暴力行為,夜遊び,無断外泊といった問題行動を繰り返すBくんと面接を行い,Bくんの気持ちや背景にある問題を整理するとともに,保護者や学校教諭の方に対して,Bくんへの指導方法について意見を提供しました。


 

  まずはお電話でのご予約をお願いします。
   電話:048-862-2051
   受付時間 : 午前9時 ~ 午後0時
            午後1時 ~ 午後5時
            (土日祝日を除く)

 

さいたま法務少年支援センターの所在地案内


さいたま法務少年支援センター(さいたま少年鑑別所)の所在地案内
住所:〒330-0063
 さいたま市浦和区高砂3-16-36
 電話番号:048-862-2051

(1)JR浦和駅(西口)下車 徒歩15分

(2)JR武蔵浦和駅下車   徒歩15分

(3)JR中浦和駅下車    徒歩15分


案内図(拡大版)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ