トップページ  >  法務省の概要  >  組織案内  >  施設等機関  >  全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 >  さいたま法務少年支援センター(非行防止相談室ひいらぎ)

さいたま法務少年支援センター(非行防止相談室ひいらぎ)


さいたま法務少年支援センター(さいたま少年鑑別所)
 さいたま法務少年支援センター(さいたま少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

さいたま法務少年支援センターの支援


法務少年支援センターのシンボルマーク
 さいたま法務少年支援センターでは,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
 ・能力・性格の調査
 ・問題行動の分析や指導方法の提案
 ・子供や保護者に対する心理相談
 ・事例検討会等への参加
 ・研修・講演
 ・法教育授業等
 ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
 ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
各種支援の詳しい説明については,下記パンフレットを御覧ください。
相談の受付は電話にて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。
   

さいたま法務少年支援センターのトピックス

◇New Topics

研修関係(令和2年1月~3月)
(1)刑務所における性犯罪者処遇の実際
 再犯防止を目的とした性犯罪者処遇プログラムに従事している刑務所職員の方をお招きし,性的逸脱行動をする者と関わる上で留意すべきポイントなどについて検討しました。

(2)福祉現場における心理の役割
 十文字学園女子大学准教授東畑開人氏を講師としてお招きし,福祉分野での心理職の在り方及びケアとセラピーの関係について講義をしていただいたほか,埼玉県再犯防止推進モデル事業関係者と共に,事例検討を行いました。

(3)発達障害を持つ方々の内的世界
 
東海大学講師中島由宇氏を講師としてお招きし,発達障害を有する者と支援者との関係を題材に,支援に当たって支援者が心掛ける視点や,機能障害についてだけでなく,発達障害を有した方々が何を体験し,我々はどう理解すればいいのかについての研修・検討をしました。

(4)児童虐待に関する基礎
 児童虐待への対応について精通しておられる弁護士の方をお招きし,児童虐待問題への対応に関する必要な知識・情報を得るための所内研修を実施しました。また,児童相談所職員の方をお招きし,被虐待児と向き合う職員の心の動きについて研修を実施し,被虐待児への対応について検討しました。


◇ 非行防止相談室ひいらぎ・サテライト非行防止相談室ひいらぎの案内

 当相談室では,地域の非行・犯罪防止に向けて,心理職や教育職が様々な活動や支援を行っています。

※「ひいらぎ」という名前には,寒い冬を耐え抜く柊(ひいらぎ)から「柊のようにたくましく生きていけるよう支援したい」との願いが込められています。












<心理相談等>

自他を傷付けない生き方を歩もうとしている御本人,周囲で支えている御家族や支援者の方々が悩まれていることについて,共に理解を進め,共に考えていきます。

年齢の制限はありません。お子さんから成人の方まで御利用いただけます。
 
相談は予約制です。
 予約は,電話で受け付けていますので,下記連絡先に御連絡ください。

電話 048-862-2051
  
受付時間  午前9時~午前11時45分                                                                         *相談室写真*
           午後1時~午後4時30分 (土日祝日を除く)
  
相談料 無料

 
<講師派遣>
 
教育,福祉,医療,更生保護等に携わる方々が主催される研修会や勉強会などに講師を派遣します。
 
児童,生徒等の皆さん向けに法教育をはじめとした出前授業を実施します。


                                                           






                                                                                                        *講演の様子*

                                                                            
<事例検討会への参加>

関係機関,団体の方々が主催する問題行動のある方の支援に関する事例検討会(ケース会議)に参加し,見立てや指導方法に関する助言・提案を行います。


<施設参観の受入れ>

関係機関や各種団体を対象とした施設参観を行っています。
 施設内を御案内し,少年鑑別所の業務等について御説明します。

※参観・見学に関する依頼,お問い合わせ先: さいたま少年鑑別所(048-864-5858)
 
 
 ○ さいたま法務少年支援センター「非行防止相談室ひいらぎ」の紹介はこちら(PDF) 


<最近の取組>
(1)各種研修会・法教育(非行防止教室)実施中
  
小学校,中学校,高校の先生方や保護者の方々を対象に,少年司法手続の概要や最近の非行少年の特徴,生徒との関わりに関する 
 ワークなどを内容とした研修会を実施しています。
  また,小・中学生,高校生を対象とした法教育(「最近の非行少年」や「薬物」など)を実施しています。
 御依頼者のオーダーに合わせながら講演や研修の内容を考えて実施しています。

(2)再犯防止推進モデル事業に参画
  埼玉県再犯防止推進モデル事業における福祉的支援の一環として用意されている自立準備ホームの施設利用者や施設職員への支援を  
 行っています。

(3)刑務所出所者等を雇用しようとする事業主を支援
  
コレワーク東日本(東京矯正管区矯正就労支援情報センター)主催の刑務所や少年院を出所(出院)した人を雇用しようとする事業主を対 
 象とする,刑務所出所者等雇用支援アドバイザーによる個別相談会への同席並びに同相談会に参加した相談者(事業主)への情報提供及 
 び助言を実施しています。

◆ 関係機関の方々へ

学校の先生方に向けた御案内。生徒の指導に困っていませんか。少年鑑別所は,これまで非行少年に行ってきた心理的アセスメントや処遇の経験を生かし,「法務少年支援センター」として,地域の非行・犯罪防止に向けた様々な活動・支援を行っています。研修,講演の場でお話ししたり,心理相談に応じたりすることができます。相談は無料で,ニーズによってメニューを組み合わせることができます。○ 学校の先生方へ(PDF)

○ 雇用主,就労サポーターの皆様へ(PDF)

 
さいかん君の画像です。
 広報マスコット・キャラクター「さいかん君」 

 「さいたま少年別所(さい鑑)」から生まれた,その名も「さいかん君」。地域社会の一員として,さいたま少年鑑別所や当相談室を一般の方々に少しでも身近に感じてもらいたいとの思いで職員が作成しました。
 
 
                                                                                           

*学校の先生方向けのご案内 *  

さいたま法務少年支援センターの所在地案内


さいたま法務少年支援センター(さいたま少年鑑別所)の所在地案内
◆非行防止相談室 ひいらぎ(さいたま少年鑑別所内)
住所:〒330-0063  さいたま市浦和区高砂3-16-36  電話番号:048-862-2051
(1)JR浦和駅(西口)下車 徒歩15分
(2)JR武蔵浦和駅下車   徒歩15分
(3)JR中浦和駅下車    徒歩15分
案内図(拡大版)
 

◆サテライト (さいたま新都心合同庁舎2号館1階)


さいたま法務少年支援センターサテライトの所在地案内
住所:〒330-0081
さいたま市中央区新都心2-1さいたま新都心合同庁舎2号館
(1)JRさいたま新都心駅下車 徒歩5分
案内図(拡大版)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。