本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 全国の矯正管区・矯正施設・矯正研修所一覧 > 法務少年支援センター山口(すこやか青少年相談室)

法務少年支援センター山口(すこやか青少年相談室)


法務少年支援センター山口(山口少年鑑別所)
 法務少年支援センター山口(山口少年鑑別所)は,少年鑑別所法第131条に基づき,児童福祉機関,学校・教育機関などの青少年の健全育成に携わる関係機関・団体と連携を図りながら,地域における非行及び犯罪の防止に関する活動や健全育成に関する活動などに取り組んでいます。

法務少年支援センター山口の支援


法務少年支援センターのシンボルマーク
 法務少年支援センター山口では,一般の方や関係機関からの依頼に応じて,
 ・能力・性格の調査
 ・問題行動の分析や指導方法の提案
 ・子供や保護者に対する心理相談
 ・事例検討会等への参加
 ・研修・講演
 ・法教育授業等
 ・地域の関係機関等が主催する協議会への参画
 ・成人に対する心理相談,問題行動の分析
などの支援を心理学等の専門家が行っています。
各種支援の詳しい説明については,下記パンフレットを御覧ください。
相談の受付は電話にて行っていますので,下記問い合わせ先に御連絡下さい。

法務少年支援センター地域援助パンフレット(一般の方向け)[PDF]

法務少年支援センター地域援助パンフレット(関係機関の方向け)[PDF]
 

法務少年支援センター山口のトピックス


落ち着いた雰囲気の外来相談室と面接風景

1 個人相談

【相談例】
○中学生 「友達とうまく付き合えない。」
○保護者 「子供が万引きしている。」,「しつけに自信がない。」
○学校・施設の先生 「指導についての助言がほしい。」
【対応例】
○カウンセリングを行います。
○心理検査や知能検査を実施し,問題点を見立てます。
○事例検討会などに参加して対応案等を提言します。
【相談方法】
 まずは御連絡ください。電話相談も可能です。 じっくりとお話ができるよう,面接をお勧めします。

学校や児童福祉施設での非行防止教室の様子

2 出前授業

【活動方針】
 御依頼の目的や御要望を踏まえて,授業内容を練ります。
 日頃の先生方の御指導が効果を増すよう工夫します。
  児童・生徒の年齢や知的能力等を考慮して教材等を準備します。
【活動例】
○児童生徒への万引きや違法薬物,暴力の予防指導
○非行予防や被害者にならないための夏休み前の指導
○グループワーク,SSTへの指導者・補助者の派遣
【近況】
 H29.7 近隣公立中学校で夏休み前の非行防止教室
 H29.7 児童養護施設で小学生・中高生への非行防止教室

体育館やセミナー室,当所会議室での講演風景

3 講演

【活動方針】
 職員研修や勉強会などの講師役に職員を派遣します。
  非行のメカニズムや少年司法,子育ての問題等について話します。
  時間や人数,テーマなどはできる限り御要望に応じます。
【講演・研修テーマの具体例】
 「非行・問題行動に向かう少年の心理」
 「心理査定と発達障害の二次障害」
 「非行と家庭との関わり」
【主な依頼機関】
◎市教育委員会 ◎小・中学校 ◎保護者会 ◎児童養護施設  ◎児童・民生委員 ◎保護司会 ◎警察関係機関 など
【近況】
 H29.8 公立中学校教職員への講義・施設見学
 H29.10~12 全保護区保護司会の定例研修講師
 H29.11 国立大学の学生への講義・施設見学
 H29.11 警察少年補導員への講義・施設見学

法務少年支援センター山口の所在地案内


法務少年支援センター山口(山口少年鑑別所)の所在地案内図
住所:〒753-0074
 山口市中央4-7-5
 電話番号:083-922-6701

○ JR山口駅又は湯田温泉駅からタクシーで約10分です。

○ 乗用車でお越しの際は,当所の前の道路は一方通行ですので,御注意ください。
(駐車場はあります。)

○ 道順について,御不明な点があれば当所までお問い合わせください。


案内図(拡大版)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ