フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2014年1月

最近の内外情勢 2014年1月

1月1日(水)
  • 北朝鮮の金正恩第1書記が「新年の辞」を発表。2015年の朝鮮労働党創建70周年(10月)に向けた取組や党内における「唯一的領導体系」の確立を強調したほか,韓国当局に対して南北関係改善に向けた取組に呼応するよう呼び掛け。
  • 1月2日(木)
  • 右翼団体が,新年を祝い,皇居一般参賀や皇居周辺での奉祝活動を実施(東京)。
  • 1月3日(金)
  • シリア北部などの反体制派支配地域で,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)と,「イスラム戦線」や「ヌスラ戦線」など他の反体制派組織との間で,大規模な衝突が発生。同衝突により,15日までに,双方の戦闘員など合わせて約1,070人が死亡。
  • 1月4日(土)
  • 共産党が,党本部で「2014年党旗びらき」を開催(東京)。
  • 1月5日(日)
  • 韓国検察が,2010年9月から2013年12月までの間,同国の軍需技術を政府の許可なくミャンマー国軍国防産業総局に供与した容疑で同国の貿易会社代表らを起訴。同社は,6種類の砲弾をミャンマーに引き渡し,現地に砲弾生産設備を設置。検察は流出した技術は北朝鮮に渡った可能性が高いと指摘。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・八潮大瀬施設に対して立入検査を実施(埼玉)。
  • 1月9日(木)
  • 米国土安全保障省と米連邦捜査局等の合同チームが,ステルス戦闘機F35の関係書類をイランへ不正に持ち出そうとした容疑で,米国とイランの二重国籍モザファル・ハザイ容疑者を逮捕。
  • 1月12日(日)
  • 中国の「海警船」3隻が,尖閣諸島沖の我が国領海内に侵入。27日にも同様の侵入行為。
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟(北原派及び熱田派)と支援の過激派がそれぞれ新年恒例の「団結旗開き」などを開催(千葉)
  • 1月15日(水)
  • 共産党が,第26回大会を開催(~18日・静岡)。
  • 右翼団体が,共産党第26回大会(15~18日・静岡)に対し,会場周辺などで抗議活動を実施(静岡)。
  • 1月16日(木)
  • 北朝鮮の国防委員会が,韓国に対し,旧正月(1月31日)を契機に相互の誹謗中傷及び軍事的敵対行為を全面中止することや2月末からの米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」,「フォール・イーグル」を中止することなどを呼び掛ける「重大提案」を発表。
  • 目黒公証役場事務長拉致事件の逮捕監禁罪などで起訴されたオウム真理教元幹部・平田信被告の公判が,東京地裁で開始。
  • 1月17日(金)
  • アフガニスタンの首都カブールで,「タリバン」がレストランを自爆テロなどで攻撃。国連職員ら外国人13人を含む21人が死亡,5人が負傷。
  • 1月18日(土)
  • オウム真理教上祐派が,「上祐代表講話会」を開催(愛知,19日・大阪,25日・千葉,26日・東京)。
  • 1月19日(日)
  • 中国のハルビン市政府及び鉄道部門の出資による「安重根義士記念館」がハルビン駅構内に開館したほか,同駅ホームに安重根が伊藤博文初代韓国統監を暗殺した地点を示す看板が設置。
  • 1月21日(火)
  • ロシアのラブロフ外相が,2013年外交総括記者会見での日ロ関係に関する質疑応答の中で,平和条約締結交渉について「第二次世界大戦の結果を認めることが解決に向けた第一歩だ」と主張。
  • 1月22日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・名古屋施設に対して立入検査を実施(愛知)。
  • オウム真理教の施設が存在する関係地方公共団体等で構成する「オウム真理教対策関係市町村連絡会」が,谷垣禎一法務大臣及び寺脇一峰公安調査庁長官に対し,教団への規制強化等を求める要請書を提出。
  • 1月23日(木)
  • 東京地裁が,朝鮮中央会館(朝鮮総聯中央本部)の競売(期間入札・2013年10月3~10日)において,同会館(土地・建物)を落札した「アバール・リミテッド・ライアビリティー・カンパニー」(モンゴル・ウランバートル市,エルデネバト社長)への売却不許可を決定。
  • 1月24日(金)
  • エジプトの首都カイロの警察本部前などで,4件の爆弾テロが発生し,6人が死亡,約100人が負傷。同日,シナイ半島を拠点とするイスラム過激組織「アンサール・バイト・アル・マクディス」が,犯行を自認。
  • 右翼団体が,「日教組第63次教育研究全国集会」(24~26日・滋賀)に対し,会場周辺などで抗議活動を実施(~26日・滋賀)。
  • 1月26日(日)
  • ナイジェリア北東部ボルノ州で,武装集団が市場や民家を襲撃し,少なくとも45人が死亡。警察当局は「ボコ・ハラム」の犯行であると指摘。
  • 1月29日(水)
  • 中国の劉結一国連大使が,国連安全保障理事会の公開討論において,安倍晋三総理の靖国神社参拝(2013年12月26日)を非難。
  • 1月30日(木)
  • パナマ司法当局が,2013年7月に拿捕した北朝鮮籍の貨物船「清川江」号の乗組員35人のうち,32人の釈放を決定。
  • 1月31日(金)
  • ロシアのモルグロフ外務次官と我が国の杉山晋輔外務審議官が東京で会談し,日ロ間協力について意見交換したほか,平和条約締結問題の歴史的側面や法的側面について協議。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。