フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2014年8月

最近の内外情勢 2014年8月

8月1日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教施設に対して立入検査を実施(全国各地,3日・長野)。
  • 8月3日(日)
  • 革マル派が,「第52回国際反戦集会」を開催(東京,北海道,大阪,石川,愛知,福岡,沖縄)。
  • 右翼団体が,「全教2014年度教育研究全国集会」(16~18日)に対し,会場周辺などで抗議活動を実施(香川)。
  • 我が国海上保安庁が,石川県珠州市沖合で北朝鮮からの漂流船を発見し,乗員4人を保護。北朝鮮への帰国を希望する乗員4人を8日に中国・大連へ出国させ,北朝鮮側に引き渡し。
  • 8月4日(月)
  • 右翼団体が,「原爆の日」に際して,原爆投下を批判する街宣活動や反米集会などを実施(~10日,東京・広島・長崎など)。
  • 米国ニュージャージー州ユニオンシティにて,7月15日に同市議会が設置を可決した慰安婦碑の除幕式。
  • 8月5日(火)
  • ロシア外務省が,8月下旬に予定されていた日ロ外務次官級協議に関し,「日本政府が一連の対ロシア制裁を決定した中で,こうした協議を行うのは不適切。そのため,協議を延期する旨日本側に伝えた」と表明。
  • 8月6日(水)
  • 中国の「海警船」3隻が,尖閣諸島沖の我が国領海内に侵入。12日及び24日にも同様の侵入行為。
  • 8月7日(木)
  • 中国国防部は,ウェブサイトで「6日,東シナ海防空識別区で偵察活動を行っていた日本の自衛隊機に対し,中国空軍は必要な追跡・監視を行い,空中の脅威に対処した」旨発表。
  • 8月9日(土)
  • オウム真理教・上祐派が,「夏期セミナー」を実施(~10日・愛知・大阪,12日~16日・東京,14日~17日・長野,17日・群馬,31日・仙台)。
  • 右翼団体が,「反ロデー」と称して,在日ロシア公館に対する抗議活動や「北方領土奪還」を訴える街宣活動などを実施(東京,大阪,北海道など)。
  • 8月10日(日)
  • 北朝鮮の李秀勇外相が,ASEAN地域フォーラム閣僚会議(ミャンマー・ネピドー)に出席し,北朝鮮の核保有について,「米国の敵対政策と軍事的圧力,核の威嚇により下さざるを得なかった決断」などと主張。
  • 8月13日(水)
  • ロシア外務省が,ロシアによる北方領土での軍事演習(12~16日)を,「到底受け入れられない」とした安倍晋三総理の発言に対し,「南クリル諸島は第2次世界大戦の結果,ロシアに属する。軍事演習の実施場所は自国領内で自ら決定する」旨表明。
  • 8月15日(金)
  • 右翼団体が,「終戦の日」に際して,靖国神社や各地の護国神社への参拝,戦没者慰霊祭への参列,反天連などが主催する反靖国集会・デモに対し抗議活動を実施(全国各地)。
  • 我が国政府が,国連安保理による北朝鮮海運会社「オーシャン・マリタイム・マネージメント・カンパニー・リミテッド(Ocean Maritime Management Company, Limited)」(OMM)の制裁対象指定(7月28日)を受け,同社を資産凍結等の措置の対象に追加指定。
  • 8月16日(土)
  • 米国ミシガン州サウスフィールド市内の韓人文化会館にて,慰安婦像の除幕式。
  • 8月17日(日)
  • 北朝鮮が,軍総参謀部報道官声明を発表し,米韓合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」(18~28日)を非難するとともに,軍事的対応の「年次化・定例化」に言及。
  • シリア反体制派の統一武装組織「自由シリア軍」(FSA)関係者が,同組織などに同行していた邦人男性1人について,シリア北部のアレッポ市付近で,スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)とみられる武装集団に拉致されたと発言。
  • 8月19日(火)
  • 米国カリフォルニア州のフラートン市議会は,慰安婦問題に関する我が国への謝罪要求及びフラートン博物館センター協会による慰安婦碑設置への支援を内容とする決議を採択。
  • 8月22日(金)
  • ロシア外務省のモルグロフ次官が,原田親仁駐ロシア日本大使に対し,我が国側によるロシア人に対する査証発給停止措置への対抗措置として,ロシアへの入国を禁止する日本人のリストを手交。
  • 米国防総省は,「19日,南シナ海の公海上空で,中国軍の戦闘機が米軍の対潜哨戒機に約6メートルまで異常接近し,挑発行動を繰り返した」旨発表。
  • イラク東部・ディヤーラー県にあるスンニ派モスク内で,金曜礼拝中に何者かが自爆した後,武装集団が侵入して銃を乱射。少なくとも約70人が死亡。
  • 8月28日(木)
  • イスラエルとシリアの国境付近のゴラン高原で,武装勢力が,両国の停戦を監視する国連兵力引き離し監視隊(UNDOF)に参加していたフィジー軍などの要員43人を拘束。シリアのスンニ派過激組織「ヌスラ戦線」が,同要員らを拘束したことを認める声明を発出。
  • 8月30日(土)
  • 我が国のアントニオ猪木参議院議員(次世代の党)が,北朝鮮と共催し「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」(~31日,平壌・柳京鄭周永体育館)を開催。なお,同議員は,28日に姜錫柱朝鮮労働党書記,30日に金永南最高人民会議常任委委員長とそれぞれ会談。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。