フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2014年9月

最近の内外情勢 2014年9月

9月1日(月)
  • 中国の「海警船」3隻が,尖閣諸島沖の我が国領海内に侵入。10日及び20日にも同様の侵入行為。
  • 9月3日(水)
  • 中国の習近平国家主席を含む中国共産党中央政治局常務委員7人全員が,「抗日戦争勝利69周年式典」(北京市・「抗日戦争記念館」)に出席。その後,習主席は「抗日戦争勝利69周年座談会」(北京市・人民大会堂)で演説し,「日本の一部の政治家が依然として日本軍侵略の罪行を否定し,戦犯の亡霊参拝に固執している」旨発言。
  • イスラム過激派系ウェブサイトが,「アルカイダ」(AQ)指導者アイマン・アル・ザワヒリとされる者のビデオ声明を掲載。同声明では,AQの新たな支部として,「インド亜大陸のアルカイダ」を設立したと発表。
  • 9月6日(土)
  • 朝鮮総聯が,北朝鮮建国66周年(9月9日)に際し,許宗萬議長を団長とする「在日本朝鮮人祝賀団」(5人)を北朝鮮に派遣。
  • 9月7日(日)
  • オウム真理教上祐派が,「夏季セミナー」を実施(福岡)。
  • 9月10日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・横浜西施設に対して立入検査を実施(神奈川)。
  • 我が国の森喜朗元総理が,ロシアのプーチン大統領と会談し,安倍晋三総理の親書を手交。森元総理によると,プーチン大統領は日ロ関係について「日本との対話はこれからも続けていくし,続けていかなければならない」旨発言。
  • 9月12日(金)
  • オウム真理教主流派が,「秋季集中セミナー」を実施(~15日,19日~23日・東京,大阪など)。
  • 9月17日(水)
  • ナイジェリア北部・カノ州の大学で,「ボコ・ハラム」とみられる武装勢力が銃を乱射し,爆発物を爆発させ,少なくとも15人が死亡。
  • 9月19日(金)
  • カナダのマニトバ州ウィニペグにて,従軍慰安婦制度関連の展示のある「国立カナダ人権博物館」の開館式典が開催。
  • 9月21日(日)
  • エジプト首都カイロの外務省付近で爆弾が爆発し,2人が死亡。同日,「アジュナド・ミスル」(エジプトの兵士の意)を名のるグループが犯行を自認。
  • 9月23日(火)
  • 国連総会出席のため訪米中の安倍晋三総理及びイランのローハニ大統領が首脳会談を実施し,核問題,「イスラム国」対策等について協議。
  • 9月24日(水)
  • ロシアのイワノフ大統領府長官らが北方領土・択捉島を訪問し,22日に開港した新空港を視察。我が国政府による抗議に対し,イワノフ大統領府長官は,「儀式の踊りのようなもの」と応じた上で,「再び訪れる」と発言。
  • ロシア外務省が,我が国政府による対ロ追加制裁に関し,「失望している。この非友好的な措置は,日本側に独自の外交路線を展開する能力がないことを改めて証明している」と表明。
  • 韓国国防部が,15日に韓国白翎島の西方の海域で発見された無人機について,2014年3月下旬から4月初めにかけて同国の坡州市と三陟市で発見された北朝鮮製無人機と同一機種である旨発表。
  • 9月25日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・八潮伊勢野施設に対して立入検査を実施(埼玉)。
  • 北朝鮮が,最高人民会議第13期第2回会議を開催し,崔竜海国防委員会副委員長(前軍総政治局長)を解任,同職に黄炳瑞軍総政治局長を任命(平壌・万寿台議事堂)。同会議には朝鮮総聯の許宗萬議長が出席。
  • 9月27日(土)
  • 北朝鮮の李秀勇外相が,国連総会で一般討論演説を行い,「米国の敵視政策と核による威嚇により(北朝鮮の)核保有の決断がもたらされた」旨主張。人権問題については,「人権問題を特定の国家の制度転覆に悪用しようとするあらゆる試みに断固反対する」と強調。
  • 9月29日(月)
  • 右翼団体が,「反中共デー」と称して,在日中国公館に対する抗議活動や街宣活動を実施(東京・大阪・福岡など)。
  • 我が国と北朝鮮が外交当局間会合を開催(中国・瀋陽)。北朝鮮側が「特別調査委員会」の調査実施状況等について説明。
  • アフガニスタンで,アシュラフ・ガニ元財務相が新大統領に就任。「タリバン」は22日,選挙プロセスと新政権発足は米国の陰謀であり,受け入れられないとして,戦闘を継続する旨の声明を発表。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。