フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2014年11月

最近の内外情勢 2014年11月

11月2日(日)
  • 中核派系国鉄千葉動力車労働組合などが,「11・2全国労働者総決起集会」を開催(東京)。
  • 11月3日(月)
  • 中国の「海警船」2隻が,尖閣諸島沖の我が国領海内に侵入。25日及び29日にも同様の侵入行為。
  • 11月4日(火)
  • 我が国最高裁が,朝鮮総聯が朝鮮中央会館を落札した「(株)マルナカホールディングス」(香川県高松市)への売却許可決定(3月24日)を不服として申し立てていた特別抗告等の棄却を決定。「マルナカ」の競売代金納付により,朝鮮総聯は同会館の所有権を喪失(21日)。
  • 米国中間選挙。共和党が上下院とも過半数の議席を獲得。
  • 11月5日(水)
  • 我が国自民党の高村正彦副総裁(日ロ友好議員連盟会長)が訪ロし(~12日),ロシアのナルイシキン下院議長らと会談。ナルイシキン下院議長は,我が国の対ロ制裁を非難するとともに,日ロ関係の改善を呼び掛け。
  • 11月6日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・南烏山施設に対して立入検査を実施(東京)。
  • 11月8日(土)
  • 北朝鮮が,「敵対行為」への関与を理由に拘束していた米国人2人を解放。同2人は,訪朝したクラッパー米国家情報長官に同行し,政府専用機で米国に帰国。
  • 11月9日(日)
  • アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議(中国・北京)に出席した安倍晋三総理が,ロシアのプーチン大統領と会談。平和条約締結交渉の進め方に関して意見交換を行ったほか,2015年の適切な時期にプーチン大統領訪日を実現するための準備開始で一致。
  • 11月10日(月)
  • 中国の習近平国家主席が,APEC首脳会議出席のため訪中した安倍晋三総理と会談。習主席は「歴史は,13億人の人民感情に関わる問題であり,日本が『村山談話』などを遵守して初めてアジアの隣国と未来志向の友好関係を築くことができる」旨発言。
  • 11月12日(水)
  • 米国のオバマ大統領が,ミャンマーのテイン・セイン大統領と会談。ミャンマーの民主化プロセスの進展を評価し,北朝鮮との武器取引停止及び核不拡散国家構築への努力に謝意を表明。
  • 11月16日(日)
  • 安倍晋三総理は,オーストラリア・ブリスベン市内で,米国のオバマ大統領及びオーストラリアのアボット首相と3か国首脳会談を開催。同会談終了後,安倍総理はオバマ大統領と個別に会談。
  • 11月17日(月)
  • 北朝鮮の崔竜海党書記が,金正恩第1書記の特使としてロシアを訪問。18日には,プーチン大統領と会談を行い,金正恩第1書記の親書を伝達。
  • 米国務省のラスキ報道官が,記者会見において,同省の非機密通信用のコンピューター・ネットワークがサイバー攻撃を受けたと発言。同部長は,機密情報の漏えいはなかったと述べたほか,10月に確認されたホワイトハウスのシステムを狙ったサイバー攻撃との関連性を指摘。
  • 11月20日(木)
  • 米議会の諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」が,中国の動向に関する年次報告書を発表。中国の核戦力増強・近代化が米国の抑止力を弱め,我が国の安全保障に影響を及ぼすおそれ等について指摘。
  • 11月22日(土)
  • ケニア北東部・マンデラ県で,武装勢力がバスを襲撃し,非イスラム教徒の民間人28人が死亡。同日,「アル・シャバーブ」が犯行を自認。
  • 11月23日(日)
  • 北朝鮮の国防委員会が,国連総会第3委員会が北朝鮮の人権侵害について国際刑事裁判所への付託を検討するよう国連安保理に促す決議を採択した(18日)ことに反発し,日米韓に対する「未曾有の超強硬対応戦に入る」旨警告。
  • アフガニスタン東部・パクティカ州で,バレーボールの試合会場を狙った自爆テロが発生し,約60人が死亡,60人以上が負傷。同国国家保安局(NDS)は,「タリバン」強硬派の「ハッカーニ・ネットワーク」による犯行との見方。
  • 11月24日(月)
  • イラン,国連安保理常任理事国等が,イラン側による核兵器開発能力の放棄,国際社会による対イラン制裁の停止等の合意に関する交渉の期限を,6月30日まで延期すると決定。
  • 11月25日(火)
  • 共産党が,党本部で「共産党第2回中央委員会総会」を開催(東京)。
  • 右翼団体が,「三島事件」(昭和45年11月25日)を記念して,同日を中心に,各地で三島由紀夫と森田必勝を追悼・顕彰する集会や街宣活動を実施(東京,香川など)。
  • 11月27日(木)
  • アフガニスタン首都カブールで,英国大使館の車両を狙った自爆テロが発生し,英国人大使館員1人を含む5人が死亡,30人以上が負傷。「タリバン」が犯行を自認。
  • 11月28日(金)
  • ナイジェリア北部・カノ州カノ市のモスクで,「ボコ・ハラム」とみられる武装勢力による自爆,銃撃により,少なくとも120人が死亡。
  • 11月29日(土)
  • アフガニスタン首都カブールで,武装集団が米国援助団体の施設を襲撃し,職員の南アフリカ人とその家族ら計4人が死亡。「タリバン」が犯行を自認。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。