フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2014年12月

最近の内外情勢 2014年12月

12月3日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・名古屋施設に対して立入検査を実施(愛知)。
  • 米下院が,東シナ海における中国の防空識別圏を認めないとした上で,挑発的な行動をやめるよう中国に要求する内容を含む,南シナ海及び東シナ海の領有権紛争の平和的解決を求める決議を採択。
  • 12月4日(木)
  • 中国海軍艦艇が大隅海峡を通過し,西太平洋上で活動。その後,同艦艇は我が国を周回する形で,宗谷海峡(25日),対馬海峡(28日)を通航。
  • 12月7日(日)
  • 革マル派が,「12.7革共同政治集会」を開催(東京)。
  • 12月8日(月)
  • 日ロ外務省局長級協議(東京)が開催され,我が国から林肇欧州局長,ロシアからタタリノフ第三アジア局長が出席。外務次官級協議の再開や岸田文雄外相の訪ロに向け,対話を継続する方針で一致。
  • 12月9日(火)
  • 我が国政府が,ウクライナ情勢に関連して,同国東部の不安定化に直接関与していると判断される「ドネツク人民共和国」,「ルガンスク人民共和国」などに関係する26個人及び14団体を,我が国内における資産凍結の対象に追加したと発表。
  • 12月13日(土)
  • 「南京大虐殺犠牲者国家追悼式典」(南京市・南京大虐殺記念館)が,張徳江全人代常務委員長の主宰で開催され,出席した習近平国家主席が演説の中で,「南京大虐殺で30万人の同胞が惨殺された。南京大虐殺には動かぬ証拠が山ほどあり,改ざんすることは許されない」旨発言。
  • 12月14日(日)
  • ナイジェリア北東部・ボルノ州グムスリ村で,「ボコ・ハラム」とみられる武装勢力が民家などを襲撃し,少なくとも女性など約180人を誘拐。民間人約30人が死亡。
  • 12月15日(月)
  • オーストラリア・シドニーで,武装した男がカフェで複数の人質を取って立て籠もり,16日,犯人が人質に発砲したため警察が突入し,犯人を射殺。人質2人が死亡。犯人はイラン出身の帰化人で多数の犯罪歴があり,過激なイスラム思想に傾倒。
  • 12月16日(火)
  • パキスタン北西部・カイバル・パクトゥンクワ州都ペシャワール市で,武装集団が,軍設立の学校を襲撃し,生徒ら少なくとも141人が死亡,120人以上が負傷。「パキスタン・タリバン運動」(TTP)が犯行を自認。
  • 12月17日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・八潮大瀬施設,同・水戸施設に対して立入検査を実施(埼玉,茨城)。
  • イラン及び国連安保理常任理事国等が,スイス・ジュネーブにおいて,核問題の協議を次官級で再開。
  • 12月18日(木)
  • 国連総会が,北朝鮮の人権状況について国際刑事裁判所への付託を検討するよう安全保障理事会に促す内容の決議を採択。北朝鮮は,外務省声明(20日)を発表し,同決議を「米国による対朝鮮敵視政策の現れ」と非難した上で,同国に対する「超強硬対応戦」を主張。
  • 12月19日(金)
  • 米連邦捜査局(FBI)が,米映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントへのサイバー攻撃に北朝鮮政府が関与したとの捜査結果を発表。オバマ大統領は,同日の記者会見で「相応に対処する」との方針を表明。北朝鮮は,国防委員会政策局声明(21日)を発表し,同サイバー攻撃への関与を否定した上で,米国に対する「超強硬対応戦」を改めて主張。
  • 12月20日(土)
  • フランス中部・ジュエレトゥールで,ブルンジ系フランス人の男(20歳)が,警察署を襲撃し,警察官3人が負傷。
  • 12月23日(火)
  • 右翼団体が,「天皇誕生日」に際し,奉祝活動を実施(全国各地)。
  • 12月24日(水)
  • ロシア政府が,北方領土及び千島列島の発展に関する連邦特別計画「2016年から2025年における(サハリン州)クリル諸島社会経済発展」のコンセプトを発表。予算規模は684億ルーブル(約1,400億円)で,輸送,社会インフラの近代化等を計画。
  • 「アラビア半島のアルカイダ」(AQAP)が,ツイッター上に,英語表記の機関誌「インスパイア」13号を掲載し,米国等でのテロを呼び掛け。
  • 12月27日(土)
  • オウム真理教主流派が,年末年始集中セミナーを開催(~1月4日・埼玉など)。
  • オウム真理教上祐派が,年末年始集中セミナーを開催(~12月28日・大阪など,12月30日~1月4日・東京など)。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。