フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2015年7月

最近の内外情勢 2015年7月

7月1日(水)
  • 米国の統合参謀本部が,「米国の国家軍事戦略2015」を公表。国際規範に異議を唱え,米国の安全保障への脅威であるロシア,イラン,北朝鮮,中国に対処するため,我が国や豪等との協力拡大等を軍の運用指針として明記。
  • 7月2日(木)
  • 北朝鮮が,北京の大使館ルートを通じて我が国に対し,「全ての日本人の包括的な調査を誠実に行ってきているが,今しばらく時間がかかる」と連絡。
  • 7月3日(金)
  • 中国の「海警船」3隻が,尖閣諸島沖の我が国領海内に約2時間にわたり侵入。このほか「海警船」は,24日及び29日にも我が国領海に侵入。また,31日には,「海警船」1隻が同諸島沖の接続水域外で,中国漁船に対して立入検査とみられる動きを実施。
  • 7月8日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・鎌ケ谷施設に対して立入検査を実施(千葉)。
  • 7月9日(木)
  • 米国人事管理局が,6月4日に発表したサイバー攻撃とは別の攻撃により,新たに2,150万人分の個人情報が流出したことが判明したと公表。
  • 7月11日(土)
  • エジプト首都カイロで,在カイロ・イタリア領事館前に駐車していた自動車に仕掛けられていた爆弾が爆発し,領事館が損壊。1人が死亡,10人が負傷。「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)の「シナイ州」を名のる組織が犯行声明を発出。
  • 7月14日(火)
  • イラン核問題をめぐり協議してきた6か国(米英独仏中露)とイランが,核開発活動の大幅制限と経済制裁の解除・凍結に関する「包括的共同行動計画」に合意。
  • 7月16日(木)
  • 北朝鮮を出生地とするKim Song Il(41歳,中国居住,カンボジア旅券所持)が,米国・ホノルルにおいて,同国の武器輸出管理法等の規制対象品である単眼暗視装置「AN/PVS-14」等を,関係当局の承認を得ずに不法に中国向けに輸出しようとしたとして逮捕。
  • エジプト北東部・シナイ半島沖で,同国海軍の巡視艇が海岸沿いの武装勢力から攻撃を受け炎上。軍は,死傷者はいない旨発表。「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)の「シナイ州」を名のる組織が犯行を自認。
  • 7月18日(土)
  • 共産党が「党創立93周年記念講演会」を開催(東京)。
  • 中国海軍のフリゲート艦など3隻が,東シナ海から沖縄本島と宮古島間を通過し,太平洋に向けて航行。
  • ロシアのスクボルツォワ保健相が,コジェミャコ・サハリン州知事臨時代行らと共に北方領土・色丹島を訪問し,同島穴澗に新設された病院を視察。
  • 7月23日(木)
  • ロシアのメドベージェフ首相が,2016年以降の新たな北方領土開発計画を政府会議で審議した際,「そこ(北方領土)に行ったことがない者はそこに行くべきだ。いずれにせよ私はそこに行き,どのような状況か視察する予定である」旨発言。
  • 米国財務省が,同省及び国連安保理等によって制裁対象に指定されている北朝鮮海運会社「Ocean Maritime Management Company, Limited」(OMM)に物質的な援助を与えたなどとして,シンガポール海運会社「Senat Shipping Limited」及び同社社長のLeonard Laiを大統領令13551に基づく資産凍結対象に追加指定。
  • 7月25日(土)
  • 北朝鮮の金正恩第1書記が,「第4回全国老兵大会」(平壌・4.25文化会館)で演説,「今や,米国は我が方(北朝鮮)にとって既に脅威と恐怖の存在ではなく,むしろ我が方が米国にとって最も大きな脅威と恐怖となっている」と強調。
  • 7月26日(日)
  • ソマリアの首都モガディシュで,高級ホテルを狙った自爆テロが発生し,中国大使館関係者1人を含む少なくとも13人が死亡。イスラム過激組織「アル・シャバーブ」が犯行声明を発出。
  • 7月27日(月)
  • 米国務省が,世界の人身売買に関する年次報告書を公表。北朝鮮を,政治弾圧の一環として8~12万人を国内労働キャンプに収容,また5万人を国外の強制労働に従事させているとして,4段階中最低と評価。
  • 7月29日(水)
  • 中国軍の「H-6」爆撃機など4機が,沖縄本島と宮古島間の公海上空を通過し,東シナ海と太平洋を往復飛行。30日にも同型の4機が同じ経路を飛行。
  • アフガニスタン政府が,「タリバン」最高指導者ムッラー・オマルが2013年4月にパキスタンで死亡していたと発表。「タリバン」は同人の死亡を認めるとともに,序列第2位のムッラー・アフタール・マンスールを後継指導者に選出したと発表。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。