フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2016年1月

最近の内外情勢 2016年1月

1月1日(金)
  • オウム真理教上祐派が,年末年始集中セミナーを開催(~3日,東京など)
  • オウム真理教主流派が,年末年始集中セミナーを開催(~3日,札幌,埼玉など)
  • 北朝鮮の金正恩第1書記が,「新年の辞」を発表。朝鮮労働党第7回大会(5月)に向けた政治・経済等各分野における取組の強化,南北関係改善への意欲を表明。
  • 1月2日(土)
  • 右翼団体が,新年を祝い,皇居一般参賀や皇居周辺での奉祝活動を実施(東京)。
  • 1月4日(月)
  • 共産党が,党本部で「2016年党旗びらき」を開催(東京)。
  • 共産党・志位和夫委員長ら同党所属議員が,通常国会(第190回)の開会式に出席(東京)。共産党議員の国会開会式出席は,昭和22年の特別国会以来,69年振り。
  • 1月6日(水)
  • 北朝鮮が,「6日午前10時(日本時間午前10時半),初の水爆実験(4回目の核実験)が成功裏に実施された」とする政府声明を発表。
  • 米国のオバマ大統領が,北朝鮮の核実験や慰安婦問題等に関し,我が国の安倍晋三総理及び韓国の朴槿恵大統領と個別に電話会談を実施。
  • 1月10日(日)
  • 我が国の高村正彦自民党副総裁が,訪露し(~13日,モスクワ),ラブロフ外相との会談(12日)で,安倍晋三総理からプーチン大統領宛ての親書を手交したほか,ナルイシキン下院議長らとの会談(13日)では,日露間の交流を促進することなどを確認。
  • 1月13日(水)
  • 最高裁が,目黒公証役場事務長拉致事件の逮捕監禁などで起訴されたオウム真理教元信徒・平田信被告の上告を棄却(東京)。
  • 公安調査庁が,オウム真理教生野施設に対して立入検査を実施(大阪)。
  • イラン革命防衛隊が,12日に故障等のためペルシア湾のイラン領海に入り込みだ捕した米しょう戒艇2隻及び乗組員10人を解放したと発表。
  • 1月16日(土)
  • 欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表が,イランのザリフ外相と共同記者会見し,欧米等による対イラン制裁の解除を発表。これにより,経済制裁を発動した一連の国連安保理決議は終了。ただし,武器禁輸は最長5年間,ミサイル関連技術の取得制限は最長8年間継続。
  • 米英仏独露中6か国が,イラン核問題の解決に関する「包括的共同作業計画(JCPOA)」の「履行の日」に伴い,イランに対する制裁緩和を発表。
  • 1月17日(日)
  • 米国財務省が,イランの弾道ミサイル開発に関与したとして,イラン人や中国人ら11個人・団体を大統領令13382号に基づく資産凍結等の制裁対象に追加指定。
  • 1月18日(月)
  • 金融庁のホームページが,断続的に閲覧できない状態に。国際ハッカー集団「アノニマス」を名乗るツイッターアカウントに同庁へのサイバー攻撃を示唆する書き込みがあったほか,厚労省(25日)及び中部国際空港(26日)などに対するサイバー攻撃を示唆する書き込みも。
  • 1月19日(火)
  • オウム真理教の施設が存在する関係地方公共団体等で構成する「オウム真理教対策関係市区町連絡会」が,岩城光英法務大臣及び野々上尚公安調査庁長官に対し,教団への規制強化等を求める要請書を提出。
  • 1月21日(木)
  • 英国内務省により設置された独立調査委員会が,元FSB職員アレクサンドル・リトビネンコの毒殺(2006年,ロンドン)について,プーチン大統領及びパトルシェフ元FSB長官(現・安全保障会議書記)の承認を得ていたとみられるとの調査結果を発表。
  • 1月22日(金)
  • 安倍晋三総理が,ロシアのプーチン大統領と電話会談し,プーチン大統領訪日前のしかるべき時期に安倍総理が非公式にロシアを訪問する方向で調整を進めることで一致。
  • 我が国政府が,「包括的共同行動計画」の「履行日」到来(16日)を受け,国連安保理決議第2231号に基づき,同決議より以前に採択された安保理決議に基づく一連の対イラン制裁を解除するとともに,イランの核活動等に関与する61団体・23個人の資産凍結等の措置を実施。
  • 我が国政府が,上述「履行の日」を受け,イランに対する制裁緩和を発表。
  • 1月26日(火)
  • 最高裁が,目黒公証役場事務長拉致事件の逮捕監禁などで起訴されたオウム真理教元信徒・平田信被告の異議申し立てを棄却。懲役9年の判決が確定(東京)。
  • 中国海軍のルフ級駆逐艦など4隻が,対馬海峡を北上。
  • 1月27日(水)
  • 米国のケリー国務長官が訪中し,王毅外交部長らと北朝鮮に対する新たな国連安保理決議の可能性や南シナ海情勢等について協議。
  • 1月31日(日)
  • 中国軍の情報収集機など2機の航空機が,対馬海峡を通過し東シナ海から日本海を往復。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。