フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2016年7月

最近の内外情勢 2016年7月

7月 1日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・北越谷施設に対して立入検査を実施(埼玉)。
  • 7月 3日(日)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派及び支援過激派が「7・3東京集会」を開催(東京)。
  • 7月 5日(火)
  • 米国国務省が,イラン,北朝鮮及びシリア拡散防止法(INKSNA)に基づき,革命防衛隊コッズ部隊(イラン),Korea Namhung Trading Corporation(北朝鮮),Composite International(中国)及び150th Aircraft Repair Plant(ロシア)等の32組織・6個人を制裁対象に指定。
  • 7月 6日(水)
  • 米国務省は,北朝鮮の人権侵害に関する報告書を公表し,北朝鮮で深刻な人権侵害が行われている旨を指摘。また米財務省は,北朝鮮での人権侵害の責任があるとして,金正恩・朝鮮労働党委員長を含む政権高官11人と政府機関など5団体を制裁対象に指定。制裁対象は,米国内の資産が凍結されるほか,米国人との取引などが禁止。北朝鮮は,7日,外務省声明を発表し「超強硬対応措置」を講じる旨警告したのに続き,10日,米朝間の連絡チャンネルの遮断を米国側に通知。
  • 韓国の政府関係者ら24名(同国教育部職員や大学教授,観光分野の専門家など)が国後島を訪問(~9日)し,同島の自然保護区「クリリスキー」の景勝地を視察。韓国人グループの同島訪問としては最大規模。
  • 7月 8日(金)
  • 米韓政府が,在韓米軍への終末高高度防衛(THAAD)システムの配備決定を公式発表。北朝鮮は,11日,朝鮮人民軍総参謀部砲兵局名義の「重大警告」を発表し,配備先が確定した時点から「物理的対応措置」を実行する旨警告。
  • 7月 9日(土)
  • 北朝鮮が,潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる飛翔体1発を発射。
  • 7月14日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・札幌白石施設に対して立入検査を実施(北海道)。
  • 7月15日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・札幌施設に対して立入検査を実施(北海道)。
  • 中国の李克強総理が,アジア欧州会合(ASEM)首脳会合に出席するため訪問したモンゴルで安倍晋三総理と会談し,「南海(南シナ海)においては,中国の立場は国際法に合致しており,日本側は非当事国として言動を慎み,介入してはならない」などと発言。
  • 7月19日(火)
  • 北朝鮮が,短距離弾道ミサイル「スカッド」又は準中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられる飛翔体3発を発射。
  • ロシアのウリュカエフ経済発展相が訪日(~20日)。滞在中は,麻生太郎副総理兼財務相や世耕弘成内閣官房副長官,林幹雄経済産業相らと会談し,日露経済関係の更なる発展に向けて引き続き協力していくことで一致。
  • 7月28日(木)
  • 韓国警察庁と政府合同調査チームが,本年5月に同国の通販会社がサイバー攻撃を受けて約1,030万人分の個人情報を盗まれ,ビットコインの支払いを要求する脅迫メールを受信した事案について,「朝鮮人民軍偵察総局の犯行であると判断している」と発表。
  • 7月31日(日)
  • 中核派が,「7・31革共同政治集会」を開催(東京)。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。