フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2018年2月

最近の内外情勢 2018年2月

2月1日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・保木間施設に対して立入検査を実施(東京)。
2月2日(金)
  • 「オウム真理教犯罪被害者支援機構」がオウム真理教主流派「Aleph」を相手 取り,未払いの賠償金の支払いを求める訴訟を東京地裁に提起。
  • 右翼団体が,「日教組第67次教研集会」に対し,会場周辺で「日教組粉砕」な どと訴える街宣活動を実施(~4日,静岡)。
2月3日(土)
  • ドイツ連邦憲法擁護庁(BfV)のマーセン長官が,同国公共放送・ARDとのインタビューで,北朝鮮が在独北朝鮮大使館を通じ,核兵器開発のための機器や技術を入手していた旨発言。 
2月6日(火)
  • ロシア国防省ウェブサイトが,「クリル諸島」(北方領土及び千島列島)で,軍人2,000人以上,並びに約500の兵器及び軍事車両が参加する軍事演習を開始した旨公表。
2月7日(水)
  • 右翼団体が,北方領土の日に際し,全国各地で「北方領土奪還」などと訴える 街宣活動を実施。
2月8日(木)
  • 北朝鮮が,朝鮮人民軍創建70周年慶祝閲兵式を開催(平壌・金日成広場)。金正恩党委員長が演説し,「米国とその追従勢力が朝鮮半島周辺で騒動を起こしている現情勢の下,人民軍隊は戦闘準備に更に拍車を掛けるべき」と表明。
2月9日(金)
  • 北朝鮮が,高官級代表団(団長:金永南最高人民会議常任委員会委員長)を韓国に派遣(~11日)。代表団は,10日,文在寅大統領と面談し,金与正党中央委員会第1副部長が金正恩党委員長の親書を伝達し,文大統領の訪朝を要請。
2月11日(日)
  • 右翼団体が,建国記念の日に際し,全国各地で「紀元節」を奉祝する集会や街 宣活動を実施。
2月12日(月)
  • 北朝鮮の金正恩党委員長が,高官級代表団の訪韓報告を聴取。南北関係改善・発展の方向性や実務的な諸対策立案に関して指示。
2月15日(木)
  • 米国及び英国政府が,2017年6月にウクライナを始めとする欧米各国で発生したランサムウェア「NotPetya」による大規模サイバー攻撃事案に,ロシア軍が関与したと発表。
2月16日(金)
  • 米国司法省が,2016年米国大統領選挙に介入したとして,ロシア人13人とロシア企業3社を起訴したと発表。同発表によると,起訴された13人のうち12人は,ロシア・サンクトペテルブルクに拠点を置く企業「Internet Research Agency(IRA)」に勤務していた由。
2月17日(土)
  • 右翼団体が,「全教第35回定期大会」に対し,会場周辺で「全教粉砕」などと訴える街宣活動を実施(~18日,東京)
2月18日(日)
  • 革労協解放派主流派が,「革労協中央政治集会」を開催(東京)。
2月22日(木)
  • 右翼団体が,竹島の日に際し,全国各地で「竹島奪還」などと訴える街宣活動を実施。
2月24日(土)
  • 革労協解放派反主流派が,「革労協中央政治集会」を開催(東京)。
2月25日(日)
  • 北朝鮮が,高官級代表団(団長:金英哲党中央委員会副委員長)を韓国に派遣(~27日)。金英哲副委員長は,25日,文在寅大統領と面談し,「(米国と)対話する十分な用意がある」と発言。
2月26日(月)
  • 中国海軍艦艇1隻が,下対馬の西南西約70kmの海域を北東進。その後,同艦艇は,対馬海峡を北上し,一時的に日本海に進出した後,28日に同海峡を南下し,東シナ海に向けて航行。
2月27日(火)
  • 中国軍機1機が,対馬の北方の上空を通過し,東シナ海と日本海との間を往復飛行。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。