フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2018年9月

最近の内外情勢 2018年9月

9月5日(水)
  • 英国のメイ首相が,同国南部で3月にロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の元大佐セルゲイ・スクリパリ氏らが神経剤ノビチョクで襲撃された事件に関し,議会で報告。犯行はGRUの職員2人によるものと断定し,「ロシア政府の高いレベルでの承認」があったと発言。ロンドン警視庁が,5日,2人を容疑者として逮捕状を取得したと発表。
9月6日(木)
  • 米国司法省が,6日,世界中のコンピュータに損害を与えたほか,データ,金銭等の甚大な損失につながった複数の破壊的サイバー攻撃の実行に関与したとして,ハッキンググループ「Lazarus Group」のメンバーである北朝鮮籍のプログラマーを訴追した旨発表。
9月9日(日)
  • 中核派が,革共同政治集会を開催(東京)。
  • 北朝鮮が,平壌市の金日成広場で政権樹立70周年慶祝軍事パレードを挙行。弾道ミサイルは登場せず。金正恩党委員長とともに,中国の栗戦書(りつ・せんしょ)全人代常務委委員長やロシアのマトビエンコ上院議長らが参観。
9月10日(月)
  • ロシアのプーチン大統領が,ロシア・ウラジオストクで安倍晋三総理と会談し,平和条約締結問題等の二国間関係や北朝鮮問題等について協議。北方領土での共同経済活動をめぐっては,早期に取り組むプロジェクト候補(5件)の実施に向けた「ロードマップ」(行程表)を承認。
9月12日(水)
  • ロシアのプーチン大統領が,「東方経済フォーラム」(11~13日,ロシア・ウラジオストク)の全体会合で,日露間の平和条約を年内に前提条件なしで締結することを提案し,「平和条約を基盤に,友人として,全ての係争問題の解決を継続しよう」と発言。
9月14日(金)
  • オウム真理教主流派が,「秋季集中セミナー」を開催(~17日,21~24日,北 海道など)。
9月18日(火)
  • 北朝鮮の金正恩党委員長と韓国の文在寅大統領が平壌で会談。19日,「9月平壌共同宣言」に署名。同宣言において,北朝鮮は,北西部・東倉里(トンチャンリ)のミサイル施設を廃棄するほか,米国の「相応の措置」に応じて寧辺核施設の廃棄などの追加的措置を講ずる用意を表明。
9月23日(日)
  • 右翼団体が,「反中共デー」と称して,在日中国公館に対する抗議や街宣活動 を実施(~29日,東京・愛知・福岡など)。
9月24日(月)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・横浜施設に対して立入検査を実施(神奈川)。
9月29日(土)
  • 北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が,第73回国連総会で一般討論演説を行い,「米朝間の信頼関係なしに核武装を解除することはない」などと表明。
9月30日(日)
  • 米海軍のイージス駆逐艦「ディケーター」が,南シナ海・南沙諸島で中国が主権を主張するガベン礁とジョンソン南礁から12カイリ内を航行し,「航行の自由作戦」を実施。米太平洋艦隊は,10月1日,同作戦実施中の米軍艦に中国の駆逐艦が異常接近した旨発表。中国国防部は翌2日,「著しく中国の主権と安全保障を脅かし,中米両国・両軍関係を破壊し,地域の平和と安定に危害を及ぼすものであり断固反対する」などと表明。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。