フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2019年4月

最近の内外情勢 2019年4月

4月1日(月)
  • 中国軍機3機が,沖縄本島と宮古島との間の上空を往復飛行。15日には,中国軍機5機が,沖縄本島と宮古島との間の上空を太平洋から東シナ海へ向けて飛行。
4月2日(火)
  • 中国海軍艦艇3隻が,沖縄本島と宮古島の間を北西進し,東シナ海に向けて航行。5日には,中国海軍艦艇3隻が,沖縄本島と宮古島の間を南東進し,太平洋に向けて航行。15日には,中国海軍艦艇1隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を往復。
4月9日(火)
  • 我が国政府が,4月13日に期限を迎える対北朝鮮制裁措置の2年間再延長を閣議決定。これにより,全ての北朝鮮籍船舶・北朝鮮に寄港歴がある船舶の入港禁止,北朝鮮を相手とする輸出入の全面禁止措置等を継続。
4月10日(水)
  • 北朝鮮が,朝鮮労働党中央委員会第7期第4回全員会議を開催(平壌)。金正恩党委員長が報告の中で自力更生による経済建設の推進を改めて強調。また,党政治局常務委員を始めとする党指導部人事を実施。
4月11日(木)
  • 北朝鮮が,最高人民会議第14期第1回会議を開催(~12日,平壌)。1日目は,(1)金正恩党委員長の「国務委員会委員長」への選出,(2)国家指導機関の選出,(3)憲法の修正・補充,(4)国家予算・決算,の4つの議題を上程・採択。2日目は,金正恩党委員長が施政演説を実施。
4月12日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・横浜施設に対して立入検査を実施(神奈川)。
4月25日(木)
  • 北朝鮮の金正恩党委員長が,ロシアのプーチン大統領と会談(ロシア・ウラジオストク)。同会談について「朝鮮中央放送」は26日,「歴史的な初の対面を通じて立派な親交を築き,戦略的かつ伝統的な露朝親善の絆を一層強化した」などと報道。
4月27日(土)
  • オウム真理教主流派が,「ゴールデンウィーク集中セミナー」を開催(~5月6日,北海道,埼玉など)。
  • オウム真理教上祐派が,「ゴールデンウィーク集中セミナー」を開催(~5月6日,東京など)。
4月29日(月)
  • 右翼団体が,「昭和の日」に際し,昭和天皇の遺徳を偲ぶ街宣活動や武蔵野陵参拝などを実施(東京,大阪など)。
  • ロシアのツァリコフ国防第一次官,ジトコ東部軍管区司令官らが,択捉島及び国後島のロシア軍駐屯地を訪問し,軍事インフラの整備状況等を視察。同第一次官は,これら駐屯地に勤務する軍人のために快適な環境を創出する必要性を強調。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。