フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2019年7月

最近の内外情勢 2019年7月

7月 4日(木)
  • G20大阪サミット(6月28~29日)に合わせて我が国政府が作成した資料で,北方領土を我が国の領土として扱った日本地図が使用されたことについて,ロシアのザハロワ外務省報道官が定例会見で,ロシア外務省が在ロシア日本国大使館に対し,日本側がG20議長国としての権限を濫用したなどと批判する文書を手交した旨発言。
7月5日(金)~7月8日(月)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・南烏山施設,保木間施設など10施設に対して立入検査を実施(東京など)。
7月 6日(土)
  • 中国海軍艦艇2隻が,対馬海峡を南下し,東シナ海に向けて航行。22日には,中国海軍艦艇1隻が,対馬海峡を北上し,一時日本海へ進出。同艦艇は23日,対馬海峡を南下し,東シナ海へ向けて航行。25日には,中国海軍艦艇4隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し,太平洋に向けて航行。27日には,中国海軍艦艇2隻が,沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し,太平洋へ向けて航行。
7月11日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・武蔵野施設に対して立入検査を実施(東京)。
7月18日(木)
  • 米国財務省が,イランの核開発に使用されるアルミニウム製品等を調達したとして,中国,ベ ルギーなどを拠点とするイランのフロント企業及び関係者7団体5個人を制裁対象に指定。
7月23日(火)
  • ロシア国防省は,ロシア航空宇宙軍と中国空軍が同日,初めての共同哨戒飛行として,ロシアの「Tu-95MS」戦略爆撃機2機と中国の「H-6K」戦略爆撃機2機が日本海及び東シナ海上空を飛行したと発表(24日,中国国防部も中露の「合同戦略巡航」が行われたと発表)。我が国及び韓国政府は23日,同飛行と同時期,ロシア軍の「A-50」早期警戒管制機1機が竹島周辺の領空を侵犯したとして,ロシア側に抗議。
7月25日(木)
  • 北朝鮮が,東部の江原道(カンウォンド)・元山(ウォンサン)近郊から短距離弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射。北朝鮮メディアは,翌26日,金正恩党委員長が25日に「新型戦術誘導兵器の威力示威射撃を組織,指導した」と報道。
7月29日(月)
  • ロシアの「インタファクス通信」が同日付けで,ロシアのサハリン州議会がロシア下院に対し,現在ロシアで定められている記念日「第二次世界大戦の終結の日」(9月2日)について,「勝利」という文言を用いた名称に変更するよう提案する法案を提出した旨報道。
7月31日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・北越谷施設に対して立入検査を実施(埼玉)。
  • 北朝鮮が,東部の江原道(カンウォンド)・元山(ウォンサン)近郊から短距離飛翔体2発を日本海に向けて発射。北朝鮮メディアは,翌8月1日,金正恩党委員長が7月31日に「新型大口径操縦(制御)放射砲(多連装ロケット砲)の試験射撃を指導した」と報道。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。